生後7ヶ月の赤ちゃんの体重・身長・特徴

この時期になるとずりばいができるようになる子が増えてきます。

徐々に行動範囲が増えてきましたね。

それでは生後7ヶ月~生後8ヶ月の新生児の赤ちゃんの特徴を紹介します。

生後7ヶ月の赤ちゃんの身長と体重は?

7ヶ月頃になると体格差が出てきます。

細めの子もいれば、すごく丸い子もいたりします。

しっかり動き、体重が落ちていないようであれば問題ありません。

男の子の目安

体重:6.7~9.8Kg、身長:64~74cm

女の子の目安

体重:6.3~9.4Kg、身長:62~71cm

赤ちゃんの成長

ずりばいを始めます

ずりばいとは、お腹を床につけたまま這うように移動することですね。

うつ伏せになっている時に、たまたま前に進めたことがきっかけでできるようになることが多いのではないでしょうか。

ずりばいやはいはいについては↓の記事で紹介しています!

 

手の動きがしっかりする

以前と比べるとだいぶ腕が安定していて、掴みたい物に向かってスっと手を伸ばせます。

また、両手で物をしっかり掴んだり、左の手から右の手に持ち替えたりできるようになります。

 

とはいえ、まだ5本お指を意識して動かすことはできず「グー」か「パー」なのですぐに物を落としてしまいます。

小さめの人形をぶら下げておけるようなジムがあると自分で掴んで、引っ張って、離すを繰り返せるのでいいですね。

まとめ

移動ができるようになると一段と目が離せなくなります。

ある程度赤ちゃんの移動範囲を制限できるようにゲージをセットしておくといいですよ。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ