生後8ヶ月の赤ちゃんの体重・身長・特徴

この時期になると早い子はハイハイができるようになります。

早い子と遅い子では3ヶ月ほどの差がありますが、ゆっくり焦らず見守りましょう。

それでは生後8ヶ月~生後9ヶ月の新生児の赤ちゃんの特徴を紹介します。

生後8ヶ月の赤ちゃんの身長と体重は?

引き続き緩やかに体重が増えていきます。

しっかり動き、体重が落ちていないようであれば問題ありません。

男の子の目安

体重:7~10Kg、身長:66~75.5cm

女の子の目安

体重:6.5~9.5Kg、身長:64~73cm

赤ちゃんの成長

ハイハイを始める

ずりばいが上手になり、次第にハイハイをするようになります。

赤ちゃんのうちにしっかりハイハイしていた子は大きくなってから腰痛になりにくいんだそうです。

まだまだ腕の力が不安定で、急に転んで頭を打つこともあるので気をつけて見守ってあげてください。

ハイハイについては↓の記事で紹介しています!

赤ちゃんが動き回るようになると部屋の中は危険がいっぱいです。

移動速度が速くなり移動範囲も広がるので、拾って食べてしまうような物は片付けましょう。

上から落ちてきて怪我をしそうなものも片付けましょう。

 

参考にハイハイの動画を貼っておきます。長さは2分程です。よかったら見てみてくださいね。

 

離乳食を自分で食べたがる

食べ物に興味を持ち始め、自分で食べようとします。

赤ちゃん用のフォークに刺してあげるか、手で掴んで食べられるものを用意してあげましょう。

離乳食の進め方については↓の記事で紹介しています!

食べ物を掴んだ手で物を掴んだり、掴んだ食べ物を落としてしまったり、お皿をこかしたりとあちこち汚してしまい、ママやパパはイライラしがちですが決して怒らないようにしましょう。

赤ちゃんが食べ物に興味を持っているときに怒ってしまうと、自ら食べることをやめてしまいます。

汚してしまってもイライラしないように、よだれかけをかけてあげたりカーペットに事前にタオルを敷いたりして備えましょう。

まとめ

そろそろ歯が生えてくるので赤ちゃん用の歯ブラシを持たせてあげて歯を清潔に保ちましょう。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ