エアープランツ(チランジア)の失敗しない花の咲かせ方と花後の子株!




kazu

こんにちは。

kazu(@kazuharuru)です。

エアープランツ(チランジア)の花について徹底的に調べたので紹介していきます!



チランジアの花の種類

花の種類には大きく分けて2つ、花茎を伸ばすものと、伸ばさずに花が開くものがあります。
のばした花茎は「花序」と呼ばれています。 多くの場合は、花序を伸ばして花を咲かせます。

ちなみに前者のグループには、イオナンタ、ブラキカウロスなどが属しています。
後者には、ハリシー、ストリクタ、ストレプトフィラなどが分類されます。


チランジアの「花」のヒミツ

チランジアの種類は豊富でしかも生育状態が良ければ花を咲かせることも珍しくありません。
それも、バラエティー豊かな色彩(赤、ピンク、白、黄、青紫など)をした花々で私たちの目を楽しませてくれます。

実は、そんなチランジアの花には知られていないヒミツがあります。 それは、ハチドリと共存関係にあることなのです。

ハチドリは中南米に分布する小さな鳥で、体重はわずか2g~20gしかありません。 そんなハチドリが主食とするのは花の蜜、長いくちばしを使って器用に飲む姿は愛らしいものです。

チランジアは蜜を提供する代わりに、ハチドリから受粉の手助けを行っているのです。


なぜカラフルな「花」が多いの?

エアープランツ(チランジア):ストリクタの花

出典:ストリクタの花

ハチドリに自分の存在を積極的にアピールし、気付いてもらうためです。

特に、ハチドリは赤い色に反応すると言われています。
ですから、チランジアは種類を問わず時期がくれば、赤っぽく染まったりするものが多いのも納得できます。


香りのする「花」もあるって本当!?

実は30種類ほど、芳香成分を含むチランジアの花があるそうです。

ウスネオイデスは、なんと花が1つ咲いただけでも分かるほど複雑でしっかりとした香りが漂ってくるそうです。



クロカータと呼ばれる黄色い水仙のような花を咲かせる品種は小柄ですが、とても鮮明な強い匂いを放ちます。
バンデンシスは、夜間になると香りが強くなり、ユリに似た香りがするそうです。


チランジアの花言葉

チランジアの花言葉には「不屈」という意味があります。

野生のチランジアは、地中に根を張ることなく、大きな樹や岩などに張り付いて生活しています。 昼間と夜間の温度差が激しいことから明け方になると朝もやに包まれ、その水分を吸収しながら美しい花を咲かせます。

過酷な環境の中でもたくましく生き抜き、立派な花を咲かせることから、傷ついた人や目の前の壁に怖気づいている人に大きな勇気を与えてくれることでしょう。
ですから、就職活動を控えた大学生や受験を控えた子どもさんなどへのプレゼントとしてもおすすめです。


チランジアの開花を夢見て、水やりを

チランジアは葉の特徴から緑葉種と銀葉種に分けることができます。 これはトリコームと呼ばれる白い膜の量の多寡によって呼び分けられています。

緑葉種は銀葉種よりもトリコームが少ないため、直射日光が苦手で、乾燥にも弱いです。 つまり、緑葉種を育てている場合は、銀葉種よりも水やりの量を多めにするようにしましょう。



チランジアの花の咲かせ方

管理するうえで次の2点に注意してください。


1つは、健康で丈夫に育てること。

動物もそうですが身体が成熟しないと、子孫を残そうという段階には至りません。 ですから、しっかりと水やりなどを行い、株を太らせることに力を注ぎましょう。

もう1つは、しっかりと太陽の光を浴びせること。

チランジアの種にもよりますが、基本的に日光浴は好きな植物です。 しかしいくら日光浴が好きと言っても直射日光は、葉焼けの原因となってしまいますので、窓辺において間接的に浴びせましょう。



チランジアの花が咲くまでに必要な期間

栽培環境や種類にもよると思いますが、最低でも5年以上はかかると考えておいた方がいいでしょう。

それだけ時間がかかるということは、大きな花を咲かせるということでもありますから、じっと待ちましょう。 しかし、小型の品種の中には毎年のように花を咲かせるものもあります。 待ちきれない人にはおすすめです。


初心者でも簡単に花を咲かせられる育て方の楽な品種

100均などでもよく目にしますが、「チランジア・イオナンタ」は生長も早く、強いので育てやすい品種です。

花が咲く準備ができると、葉色が赤くなり、紫色の美しい花を咲かせます。 葉が黄色に変わり白い花を咲かせる変種や、葉がピンクに染まる品種などがあり魅力的です。

他の品種のように花が咲くまでに数年かかるといったこともなく、条件さえ整えることができれば毎年のように咲かせることができるそうです。



チランジアの花が咲かない原因

いくつか考えられますが、代表的なものを3つ挙げます。

1つ目は、花が咲きにくい品種を育てているため。 ヴィリディフリーラなどは、数年に1度しか花を咲かせないことがあります。

2つ目は、チランジアが幼体のままであるため。 生長しきっていませんから、このまま栽培管理をしっかりと続けていく必要があります。

3つ目は、管理する場所を頻繁に変えているため。 チランジアの置き場所を変えたり、部屋を移動させたりすると、気温や湿度が安定しないため開花しにくくなってしまうことがあります。


花が咲いた後は切る

咲き終えた後は、思い切って花序を切るようにしましょう。 その目的は2つあります。

まず、梅雨入りした際にカビが発生するのを防ぐため。

次に、できるだけ子株を残すことに養分を使わせるようにするため。

花を咲かせた株はエネルギーを使い果たしてしまいますから、ほとんどの場合において枯れてしまいます。 その際に、次代へと命をつなぐために子株(クランプ)を吹かせることに力を注ぎます。

切る際は、花序と茎の分け目あたりでガーデニング用のハサミで切りましょう。 ただし、ディアフォランテマ亜族に分類されている小型種は、自家受粉をしやすいため種子を収穫したい人は切らないようにしましょう。


チランジアの花が咲いたら、できるこんな利用法

チランジアの花序を使って、ドライフラワーを作製してみましょう。

製作に取りかかる前にチランジアの花序に残っている細かいゴミをしっかりと取り除きます。 それを耐熱皿に並べ600ワットで1分間熱を加え、あふれた水分を拭き取ります。

さらに1.5分間加熱し、あふれでる水分を確かめた後で、最後に3分間加熱すれば完成です。 ドライフラワーに向くのは、ストレプトフィラ、ネグレクタ、ストリクタなどです。

100均で売られているブリキの容器などに挿したりすれば、オシャレなインテリアとして活用することもできます。


花が咲いたら花粉を採取し交配させてみよう

実生栽培で、しかもオリジナルの品種を望む場合は、種子が必要になってきますから人工授粉させてみましょう。

チランジアの花びらをすべて開くと、黄色い花粉を有したおしべ数本と無色透明なめしべ1本を確認できます。 花粉を保管するためにクッキングペーパーに谷折りにして折り目をつけ、今度は横から谷折りにします。

ピンセットを使い花粉をペーパーの上にのせて、日付と種名を記録しておきましょう。 ジップロックにお菓子の乾燥材を入れ、冷凍庫で数ヶ月は保存することができます。

異なる品種の花が咲いた場合に、1時間ほど常温に放置しておいた花粉をめしべにピンセットでしっかりと付着させてください。


花が終わり、子株が花を咲かせる原因と対処法

親株の養分が充分でしかも子株が1つしかつかなかったような場合は、「矮小化(わいしょうか)」を招いてしまします。

矮小化とは子株がまだ生育途中にも関わらず花を咲かせてしまうことを言います。 株がしっかりと育っていないため花も小さく見ごたえのないものになってしまいます。

これを防ぐために、1つしか出なかった子株を株分けしましょう。

このまま放っておくと矮小化してしまう可能性が高いですから、株分けを行うことで親株は新たな子株を残そうとします。 つまり、有り余った養分を分散させるようにすると大丈夫です。


花後のチランジアの楽しみ

親株の周りに小さなクランプと呼ばれる子株の姿を確認することができます。

株分けを行う場合は、寒い時期は避け、できれば梅雨入りくらいに株分けを行うと発根が促されます。 取り分ける際は親株の3分の2くらいの大きさの子株を選び、下部にカッターで切れ目を入れ、手でぐいっと引き倒しましょう。

取り分けた子株は、そのまま鉢植えにしたり、コルクなどに活着させたりして大きく育てていきます。


チランジアが花を咲かせる前に枯れる原因と対処法

まず、水の管理に問題がある場合が考えられます。 「エアプランツ」という呼称も手伝って、水やりは不要と思い込んでいる人も少なくないかもしれません。

原産地であれば昼夜の気温差があり、明け方になると大量の水蒸気が空気中にありますから問題はありません。 しかし、日本とは気象条件が異なるため、しっかりとした水の管理を行っていく必要があります。

霧吹きを使うミスティングと常温の水に浸すソーキングの2つの方法があります。 週に2回を目安にして、葉全体がしっとり濡れるくらいまで与えるようにしましょう。

昼間は気孔が閉じているため、日が落ちてから水やりを行なってください。

ソーキングは月に1回、梅雨時などの湿度の高い期間は避けて、5時間前後を目安にして行い、逆さに吊るして水切りをしましょう。 夏や冬はあまり大きくなりませんので、水やりは控えめにしてください。



次に、管理する場所に問題がある場合があります。

エアコンの吹き出し口の近く、あるいは直接に風が当たるところに置くのはやめましょう。 急激に乾燥させてしまい、株全体を弱らせてしまうことにつながるからです。

チランジアを置くのは、風通しがよく、日当たりのいいところにしましょう。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ