楽しい子育ての秘訣ベビーサイン!いつから始めるの?




ベビーサインって知ってますか?

ベビーサインをするようになると赤ちゃんと意思の疎通ができるようになったり脳の発達を促進したりとたくさんのメリットがあります。

では、そんなベビーサインについて紹介します。

ベビーサインとは

まだまだ意思表示のできない赤ちゃんとジェスチャーを使って会話することをベビーサインと言います。

赤ちゃんが泣いていてもどうして泣いているのかわからないことってよくありますよね。

赤ちゃんがベビーサインを覚えると、まだまだ言葉を話すことができない子でも自らお腹がすいたことを示したりするようになります。

ベビーサインができるようになるのはいつから?

生後6ヶ月~生後7ヶ月頃が目安です。

ベビーサインは手を使って行うので、ある程度手を自由に動かせるようになってくるとできるようになります。

ただし、ママやパパがベビーサインを教え始めるのは特にいつからということはありません。

手をしっかり動かせない月齢の子でも日頃からベビーサインを教えておくことで、手を動かせるようになって来た時にできるようになっていきます。

 

赤ちゃんとジェスチャーで会話?

なんでそんなことができるようになるの?

っと疑問に感じた方もいるかもしれませんね。

 

実は話すことのできない赤ちゃんでも意思を示そうとしています。

それが「泣く」ということですね。

赤ちゃんは会話をすることができないのでお腹がすいたり不快なことがあると助けを求めて泣きます。

もう少し大きい子になると手を動かして意思表示しようとしますが、ママやパパにとっては鳴いたり手を動かしたりしていても何を伝えたいのか理解できませんよね。

 

でも、この手を動かすという動作を意味のある動作にしてあげることでママやパパに理解できるジェスチャーに変わります。

ベビーサインの教え方

教え方は簡単で、授乳前や寝る前など何かを始めるタイミングで「おっぱい飲もうね~」っと語りかけながらママやパパの手でジェスチャーするだけです。

赤ちゃんはママやパパのことをすごく良く見ています。

毎日繰り返しているうちに、授乳の時はどう手を動かすのか覚えていきます。

ベビーサインのメリット

ストレスが減る

赤ちゃんのしてほしいことを理解できるようになるので、どうして鳴いているのかわからないといったイライラを軽減できます。

それと同時に、今まで思いを伝えるために鳴いていたのがベビーサインで伝え用途するようになるので泣く頻度が減ります。

脳の発達促進

ベビーサインを行うようになった赤ちゃんはベビーサインをしない赤ちゃんよりも日頃から手で会話をしているわけですから自然と脳が発達していきます。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ