赤ちゃんの便秘!原因や解消法についてママが知りたいこと全部まとめてみたよ♪




赤ちゃんがなかなか泣き止まなかったり食欲がなかったりしませんか?

それはもしかしたら便秘が原因かもしれません。

今回は赤ちゃんの便秘の原因や解消する方法について紹介します!

赤ちゃんの便秘の見分け方

大人の場合は2、3日出ていなければ基本的には便秘と言えます。

ただ、赤ちゃんの場合は便秘とは限りません。

赤ちゃん自身が元気で食欲があるのであれば、1~2日出なくてもそれがその子のペースなんだと考えていいでしょう。

気をつけて欲しいのは、以下のような症状が見られる場合は便秘の可能性があります。

  • 3日以上ウンチが出ない。
  • 食欲がなくミルクや離乳食を与えようとしても嫌がる。
  • ミルクや離乳食を食べてもすぐに吐いてしまう。
  • 機嫌が悪く大きい声で泣き続ける。
  • ウンチの水分が少なくて硬くなっている。
  • お腹がパンパンに張っていてぽっこりしている。

どうですか?

お子さんの状態と同じかな?っと感じる症状はありましたか?

 

下のグラフを見てもらうとわかるように多くの赤ちゃんが便秘を経験しているようです。

出典:きちんと知ろう、赤ちゃんの便秘(和光堂調べ)

では、次は赤ちゃんの便秘がどうして起こるのか、どうやって改善したらいいのかを順に見ていきましょう!

赤ちゃんの便秘の原因は?

赤ちゃんの便秘は、排便ペースの変化や水分不足、運動不足が原因になります。

排便ペースの変化が原因の場合

生まれてから1歳ぐらいまでの乳児期の間に排便ペースの変化によって「便秘かな?」っと感じることが多いです。

この時期は

  • 腸がどんどん発達していくこと
  • 授乳回数の変化
  • 一度に飲む量が増える
  • 離乳食が始まる

っといった理由で排便ペースが変わることがあります。

 

例えば生まれて間もない新生児期は、赤ちゃんの吸う力が弱いです。

そのため、一度に飲める量が少ないのでお腹が空いてくるのが早く、授乳回数が増えます。

月齢が進むにつれて赤ちゃんの吸う力も強くなり、一度にしっかり飲めるようになっていきます。

 

さらに月齢が進むと離乳食が始まりますよね。

離乳食は母乳やミルクと比べると次第に固形になっていきます。

 

こうして1歳ごろまでに赤ちゃんの腸の環境はよく変化するんです。

朝の環境が変化すると、少しずつこまめにウンチをしたり、一定時間を空けてまとめてウンチをするようになるので排便のペースも変化します。

排便のペースが変わったことで「今までは毎日ウンチが出ていたのに最近でないな…。便秘かな?」っと感じやすい状況になるんですね。

 

あくまで「便秘かな…?」っと感じることが多いだけであって正確には便秘ではないので心配する必要はありません。

水分不足が原因の場合

離乳食が始まる前の赤ちゃんだと毎日授乳で水分をとっているのに水分が不足するの?っと思うかもしれませんね。

赤ちゃんは思っている以上に汗をよくかいているんです。

なので、お腹の中の水分が不足していてウンチが硬くなり、なかなか出てこないという状況になっているんですね。

 

特に離乳食を食べるようになった頃は水分不足が原因で便秘になることが多いです。

この頃は、食べたものが固形物なので母乳やミルクと比べると腸の中を流れていくスピードが遅くなります。

また、離乳食を食べる分、授乳の回数が減りがちなので単純に摂取する水分量が減り、ウンチが硬くなりやすいんです。

 

ここからは、ミルク、母乳、離乳食に分けてさらに詳しく説明していきますね ( ´ ▽ ` )!

ミルクを与えている場合

特にミルクを与えている場合は母乳に比べて消化吸収が悪いので便秘になりやすいです。

オリゴ糖を多く含んだミルクは便秘解消にいいとされているのでミルクを変えてみてもいいでしょう。

母乳を与えている場合

母乳なら便秘になりにくいと言われていますが、気を付けないと便秘になる場合がありますから気をつけましょう。

それは、ママの母乳の質に関係があります。

 

偏った食事をしていたり脂肪分を多く摂取すると母乳がドロドロになり、赤ちゃんのお腹の中で消化吸収が悪くなって便秘になります。

赤ちゃんのためにもママ自身が水分をしっかり取りバランスの良い食事を心がけましょう。

 

また、ミルクと違って飲んだ量を把握しにくいので意外と赤ちゃんが飲んだ水分が足りていないということもあるので注意しましょう。

 

離乳食を与えている場合

先ほど説明させていただいたように、離乳食を食べるようになるとお腹の中に固形物が入ることと、単純に飲む水分が減るのでさらに便秘になりやすくなります。

ひじきやわかめなどの海藻類、またはしいたけやえのきなどのキノコ類といった食物繊維が多く含まれている食べ物を与えることで便秘を解消することができます。

運動不足が原因の場合

赤ちゃんは自分ではまだ活発に動き回ることができないので運動不足による便秘はよくあります。

ママやパパが赤ちゃんの足を持って左右に交互に上下させたり、左右に赤ちゃんの向きをゴロンっと変えてあげたりして一緒に運動してあげましょう。

ハイハイができるようになると次第に運動量が増えてくるのでしっかり遊んでいれば運動不足による便秘は解消していきます。

赤ちゃんの便秘の解消方法は?

既に所々で解消法を簡単に紹介してきました。

ここからは

  • マッサージによる解消法
  • 綿棒での解消法

について紹介していきます!

赤ちゃんの便秘をマッサージで解消する

マッサージでの解消法についてはとても参考になる記事があったので引用させていただきました。

お腹が張って苦しそうな時は、お腹のマッサージがおすすめです。

●「の」の字マッサージ
時計周りにゆっくりとお腹をなでてあげましょう。赤ちゃんのお腹に「の」の字を描くように、へそを中心に時計回りでマッサージをします。赤ちゃんへのマッサージは、指先を使わずに3本から4本の指先と手のひら全体でやさしくなでるように、一箇所をさすってあげながら、お腹に大きな円をゆっくり描くようにしましょう。「の」の字マッサージはとっても便秘解消効果がありますよ。

●足のストレッチマッサージ
赤ちゃんのモモとヒザで赤ちゃんのお腹を押すようにマッサージします。赤ちゃんをあおむけに寝かせて両足首を優しく持ってあげて、「右、左、右、左」と両足を交互に動かします。赤ちゃんのモモとヒザでお腹を押すことで腸を刺激し、便秘解消を促します。リズムに合わせて、お歌を歌いながら楽しくマッサージするのもおすすめです。

●おしりのマッサージ
赤ちゃんの肛門のすぐ上あたりを指で押したり、軽くとんとんとたたいてマッサージをします。この時、爪がささったり、強く押しすぎたりしないように気をつけてくださいね。

また、ベビーオイルを含ませた綿棒を、先の丸い部分が隠れる程度、肛門に挿れて刺激するのも便秘解消に効果があります。一方、体重が増えないなど母乳不足が疑われる場合は、医師や保健師に相談し、ミルクの量を調節していきましょう。

●乳児の便秘マッサージ方法

出典:【新生児・赤ちゃん】月齢別の便秘解消法!原因と対策まとめ

簡単なのにしっかり効果があるのでぜひ実践してみてくださいね♪

赤ちゃんの便秘を綿棒で解消する

お尻の穴に直接綿棒を入れることで刺激して便秘を解消する方法です。

綿棒浣腸と呼ばれることもあります。

準備

まずは、大人用の綿棒と、ベビーオイルを用意します。

※赤ちゃん用の綿棒は細すぎて刺激にならないのと、硬いので腸を傷つけてしまう可能性があるので大人用を使いってくださいね。

大人用の綿棒でも乾燥した状態で使うと腸を傷つけてしまうのでベビーオイルをつけて滑りを良くします。

 

では次に赤ちゃんのお尻におむつを敷きましょう。

綿棒浣腸は便秘にすぐ効くので刺激中にたまっていたうんちが大量に出てくることがあるので敷いておかないとマズイです。

この時、同時におしっこをすることがあるので男の子の場合はおしりふきをちんちんにかけておくなどして飛び散らないようにしておきましょう。

 

ここまで用意ができたら綿棒の綿の部分をほぐしてふさふさにしてからしっかりとベビーオイルを塗ります。

綿棒を入れる

では赤ちゃんの足をあげて入れていきましょう。

ゆっくりと綿の部分が完全に隠れるまで入れます。

入れたら優しく前後に動かしたりくるくると動かして刺激します。

 

手伝ってくれる人がいるのであればこの時に赤ちゃんのお腹を上から下にかけて優しく押すとさらに出やすくなります。

あまり長時間やるのも良くないので30秒ほどにしておきましょう。

出なかった場合はまたしばらくしてからやってみるといいですよ。

 

綿棒浣腸の仕方については以下の記事を参考にしています!
赤ちゃんの便秘に綿棒を使うと癖になる?毎日が効果的です!

まとめ

 

しっかり便秘対策をして赤ちゃんに不快な思いをさせないようにしてあげましょう。

 

今回は赤ちゃんの便秘について原因や対策を紹介させていただきました!

最後まで見ていただきありがとうございます (*´ω`*)♪

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ