あいさつで印象が変わる!?基本的なマナーで好印象を与えよう




 

 

ビジネスや学校、私生活でも、「あいさつは大事」だと言われていますよね。

 

簡単なことですが、つい怠ってしまいがちになるあいさつ。

相手より先にあいさつをすることで好印象を与えることができるのです。

 

あいさつによって起こる効果や方法について、お話ししていきます。

 

 

あいさつによる効果とは?

あいさつ 印象

 

 

元気なあいさつをすることで、自分も相手も気分がよくなります。

特に、「おはようございます」のあいさつは、その日の始まりを作る大事なあいさつです。

 

気分よく仕事や勉強ができるようにしておきたいですね。

あいさつを相手より先に、自分から率先しておこなうことで、好印象を与えることもできます。

 

その結果、良い人間関係を築けたり、あまり面識がない人でも好印象を持てるのです。

あいさつを自らおこなうことは、気分良く過ごすきっかけ作りや自分自身の印象に直接つながるのですね。

 

 

あいさつの基本を知ろう!

あいさつ 印象

 

 

相手より先に、好印象を与えるあいさつをするには、「元気よく」「明るい笑顔で」が基本です。

いくら自分からあいさつをしても、元気のない暗いあいさつでは気分が良くなることはありませんし、相手に良い印象を持たれることも少ないでしょう。

 

さらに、明るい笑顔であいさつすることを心掛けましょう。

無表情であいさつをしても、「しなければいけないから、あいさつをしている」というように見られかねません。

 

また、相手にきちんと届く声の大きさも必要です。

独り言のようにあいさつをしても、相手に聞こえていなければ意味がありませんよね。

 

どんなあいさつも、ハッキリと発することが大切です。

相手から先にあいさつをされた場合にも、この基本を守ってあいさつを返したいですね。

 

 

相手を選ばないあいさつを!

あいさつ 印象

 

会社で一緒に仕事をする仲間であったり、取引先の人に対してはあいさつをするのに、他の部署の人や来客、清掃員などには何も言わないことがあるのではないでしょうか。

あいさつは、誰でも分け隔てなくおこなうことが大切です。

 

そうすることで、誰もが気分良くなり、会社全体の活気につながるのです。

親しい人だけではなく、関わるいろんな人に、自分からあいさつをしたいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

あいさつの大切さや、好印象につなげるポイントについて知っていただけたかと思います。

あいさつは、大人や子供、年齢や性別を選ぶことなく、誰にでも実践できるマナーです。

 

ぜひ、相手より先にあいさつをすることを心掛けて、気分の良いスタートを切ってみて下さいね。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ