赤ちゃんの目の病気、目やにが出た時の対処法

目やには何らかの病気のサインである場合があります。

赤ちゃんの目やにの原因や対処法を紹介します。

目やにの役割

赤ちゃんは大人よりも目やにが出やすく、起きたら目が目やにでいっぱいになっていたことありませんか?

目やには目の中に入った異物を目の中から取り除く役割があります。

つまり、目の中に何かが入ってしまっているから目やにが出てくるんです。

起きている間は瞬きをして涙が出るのであまりたまりませんが、寝ている間は瞬きをせず涙が出ないので目の周りに目やにがたまりやすくなります。

ではどのようなものが目に入ってしまっているのでしょうか?

考えられるものを紹介します。

ホコリや花粉

部屋を掃除して清潔にしていないと目やにが出やすくなります。

特に赤ちゃんは大人よりも低い位置にいることが多いのでホコリを吸ってしまう機会が多く、目に入る可能性も高いです。

できるだけこまめに掃除をするようにしましょう。

逆まつ毛

逆さまつ毛とはまつ毛が目のほうに向かって生えていることです。

逆さまつ毛だとまつ毛が目に当たるので目やにが出る原因になります。

赤ちゃんは目の周りに脂肪が多いので大人よりも逆さまつ毛になりやすいんです。

赤ちゃんが成長して1歳ぐらいになると目の周りの脂肪が少なくなるので自然と改善していきます。

風邪

風邪をひくと分泌される鼻水の量が多くなります。

赤ちゃんは鼻から目までの距離が短いので、鼻から目の方へ鼻水が流れていってしまうことがあります。

鼻水には細菌が含まれていて、その菌を追い出そうとして目やにが出てきます。

 

また、家族に風邪をひいている人がいるとくしゃみなどによって空気中に細菌が飛び散り赤ちゃんの目に菌が付着することもあります。

風邪をひいた場合は家の中にいてもできるだけマスクをするようにして赤ちゃんに菌を移さないように気をつけましょう。

赤ちゃんの風邪の予防については『発熱・嘔吐・インフルエンザ【風邪を早く治す予防と対策】』で紹介しています!

菌の感染

細菌が目に入るのは風邪だけではありません。

お風呂で赤ちゃんを洗った洗剤の泡が目に入ったり、浴槽のお湯が目に入った場合も菌は目に入ってしまいます。

また、ママやパパが外から帰ってきて手を洗わずに赤ちゃんに触ればあっという間に菌は目に入ってしまいます。

生まれて間もない新生児期は特に免疫も弱く、赤ちゃんを見にお客さんが来ることも多いです。

お客さんにはしっかり手洗いうがいをしてもらうことが大切です。

お客さんに対して手を洗ってもらうのは申し訳なく感じるかもしれませんが、赤ちゃんを菌から守れるのはママとパパだけです。

さりげなく洗ってもらうように言いましょう。

結膜炎

異物が目に入り目を傷つけてしまったり菌に感染すると目が炎症して充血します。

これを結膜炎といいます。

結膜炎には「細菌性結膜炎」と「ウイルス性結膜炎」、「アレルギー性結膜炎」があります。

細菌性結膜炎

黄色や緑色の目やにが出ます。

抗生物質の目薬が非常によく効くので、眼科を受診すれば数日のうちに治ることが期待できます。

ウイルス性結膜炎

急に目やにの量が増えた場合はウイルス性結膜炎の可能性が高いです。

ウイルス性結膜炎の場合は目やにや涙からほかの人に感染する可能性があるので赤ちゃんを拭いたタオルなどを一緒に使うのは避けましょう。

アレルギー性結膜炎

目やにの量は普段とあまり変わりませんが糸を引きやすくネバネバしているのが特徴です。

花粉やほこり、ダニ、動物の毛が原因になります。

 

いずれにしても目が充血している場合は結膜炎の可能性が高いので早めに眼科を受診した方がいいです。

特に、ウイルス性結膜炎の場合は症状が重くなりやすく、感染もするのですぐに行きましょう!

鼻涙管閉塞

赤ちゃんの目が常に潤んでいる場合は鼻涙管閉塞である可能性があります。

 

涙は目を潤ませて保護するためにでたきますが、その涙は鼻涙管と呼ばれる場所を通って鼻に繋がり鼻水に変わります。

鼻涙管閉塞とは鼻涙管が何らかの原因により詰まってしまって涙が鼻へと流れていかなくなる症状です。

鼻涙管閉塞には生まれた時から鼻涙管に形成異常がある先天的なものと、結膜炎や鼻の病気などによって引き起こされる後天的なものがあります。

 

どちらもは手術によって治療することが可能です。

しかし、1歳頃になるまでの成長の過程で自然と治る場合もあるので急いで手術をしないといけないというわけではありません。

そもそも赤ちゃんの鼻涙管はすごく細くて手術をするには技術が必要らしくお医者さんもできるだけ自然と治るのを待つことを勧める場合が多いようです。

1歳ぐらいまでは様子を見てそれでも治らなければお医者さんと相談して決めていきましょう。

どうしても赤ちゃんが辛そうならお医者さんに手術をお願いしてみてもいいと思います。

片目だけに目やにが出る

片目だけということはそちらの目に異物や菌が入った可能性が考えられます。

まつげがあたっていないか、目をこすっていないかをよく見てあげてください。

もし目をこする癖がある場合は目を傷つける原因になるのでやめさせましょう。

ただの癖である場合はともかく、目が痒くてこすっている場合も考えられるので目をこするのを目やない場合は眼科を受診してみてくださいね。

目やにの取り方

目やにをつけたままにしておくと乾燥してかたまりなかなか取れなくなってしまいます。

また、目が痒くて目をこすってしまう原因にもなるので目やにが出ているようであればこまめにとってあげるようにしましょう。

目やにはガーゼやティッシュで拭いてとってあげましょう。

もし、乾燥して固まってしまっている場合、特にまつ毛に絡んでかたまっている場合はなかなかとれないのでガーゼやティッシュを濡らして目やにを柔らかくしましょう。

拭くときは外側から内側に拭くと中に入っていってしまうので、内から外へ向けて拭くようにするといいですよ。

まとめ

目やにが出ているようであればまずは部屋をきれいにしましょう。

それでもなかなか治らないようであればまつ毛があたっていないか、目をこする癖はないかを確認して、それでも治らない場合は眼科を受診しましょう。

眼科では原因に応じた目薬が処方されるのでお医者さんの指示通りに使うようにするといいですよ。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ