新生児の沐浴が一人でもできる簡単な準備と方法!




 

沐浴って赤ちゃんの体を清潔にするために毎日入れる必要がありますけど結構大変ですよね。

なので、その沐浴を少しでも簡単にする方法を紹介します。


 

沐浴とは?

産後の入院中に沐浴を教えてもらいながら体験したことのあるママは多いかもしれませんね。

沐浴とは、大人のお風呂とは別にベビーバスで赤ちゃんの体を洗うことをいいます。

 

生まれたばかりの新生児期の赤ちゃんは免疫力があまりないので大人と一緒にお風呂に入るのはよくありません。

あみちゃん(新米ママ)
ちゃんとお風呂を洗っていれば大丈夫じゃないの?

っと思うかもしれませんが大人にとっては何の問題もないぐらいのばい菌でも赤ちゃんにとっては良くない場合があるんです。

 

沐浴のお湯に浴槽のお湯を使うのもいけません

浴槽についたばい菌が入ってしまうからです。必ず蛇口から出たお湯を直接使用してくださいね。

 

新生児の沐浴はいつまで?

生後1ヶ月になると免疫もついてくるので一緒にお風呂に入れるようになります

ただし、まだ首もすわっていないし体も丈夫でないので慎重に洗ってあげる必要があります。

体がしっかりお湯に浸かれているのであればまだまだ沐浴を続けていても問題ありません。

 

慣れてしまえば沐浴の方が手軽なのでうちでは1歳頃まで沐浴を続けていましたよ。

お風呂の入れ方にもポイントがあります。気になったらこちらをどうぞ!
一人でもできる赤ちゃんのお風呂の入れ方!

 

新生児の沐浴の役割

沐浴にはこのような役割があります。

 

  • 体を清潔に保つ
  • 生活リズムを整える

それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

体を清潔に保つ

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので大人よりもたくさん汗をかきます。

すると、ばい菌が繁殖してしまい汚れてしまいます。

赤ちゃんの体を清潔にするためには毎日沐浴をして体を洗ってあげることが大切です。

 

清潔にしていないと疾患など皮膚に異常が出てくることもあります。

皮膚に異常が出てくると皮膚のバリア機能が低下し、今度はアレルギーを起こす原因になることもあります。

 

生活リズムを整える

また、生活リズムを整えるという役割もあります。

あみちゃん(新米ママ)
生活リズムを整えるとどうなるの?

っと思うママやパパもいると思います。

生活リズムが整ってくると一定の時間帯に起きて寝るようになります。

つまり、夜ぐっすりと寝てくれるようになり夜泣きが減ります

 

生活リズムは生後4ヶ月頃から次第に整ってくるものですが、遅い子は8ヶ月を過ぎても夜泣きが無くならない子もいます。

夜泣きが続くとママやパパもストレスが溜まるのでできれば早く生活リズムを整えたいところですね。

しっかりと生活リズムが整いやすい環境を用意してあげることで何もしなかった場合よりも早く整いやすくなります。

 

というわけで、毎日同じ時間帯に沐浴するようにすると生活リズムが整いやすくなりますよ

生活リズムを整えると生活がめっちゃ楽になるのでぜひこちらのページをどうぞ!
赤ちゃんの夜泣き!ママは絶対に知っておきたい効果的な寝かしつけのコツ!

 

新生児の沐浴するのに最適な時間は?

何時にするのがいいということはありません。

沐浴後はよく寝ることやママやパパの生活環境から一般的には夜に入れることが多いですがお昼や夕方でも大丈夫です

ママやパパの生活に合わせて時間を決めましょう。

何時にするかということよりも毎日同じ時間帯にすることのほうが大事ですよ。

 

授乳直後は吐いてしまうことがあるので授乳後30分~1時間あけてから入るようにするといいです。

沐浴をすると赤ちゃんも疲れるので15分以内に終わるようにしましょう。

 

1日に沐浴する回数は?

基本的には1日1回は沐浴しましょう。

夏場などは特に汗をたくさんかくので数回入れてあげても大丈夫です。

ただし、体温が平熱よりも1度以上高くて熱がある場合や元気がないような時は控えましょう。

 

温度は何度がいいのか?

お湯の温度は夏は38度、冬は40度が目安です。

温度計を用意して計るようにしましょう。

赤ちゃんをベビーバスに入れてからお湯の温度はどんどん下がっていくので、風呂桶などに熱めのお湯を入れておいて赤ちゃんを洗い終わってからそのお湯を足すようにするといいですよ!

冬に沐浴をする場合は部屋の温度が冷たいと赤ちゃんが冷えてしまうので室温を25度以上に保つようにしておきましょう。

 

一人でできる新生児の沐浴の準備

お湯から上がったあとに赤ちゃんを冷やしてしまわないように事前にしっかりと準備しておくことが大事です。

特に1人でする場合は用意が欠かせません。

 

着替えを用意する

赤ちゃんの着替えはひもやボタンを外した状態で袖をまとめて通しておくとサッと着せることができます。

着替えの上にはおむつを開いておいて赤ちゃんを乗せたらそのままはかせられるようにしておきます。

床の上だと冷たいので座布団や毛布の上に置くようにするといいですね。

 

バスタオルを用意する

バスタオルは角が上下左右の位置になるようにセットしておくと赤ちゃんを乗せた時に上側で頭を、下側で足や股を拭くことができ、左右で赤ちゃんを包むことができます。

 

その他の用意

沐浴中に体を拭くためのガーゼと体にかけて安心させてあげるためのガーゼを用意しておきましょう。

それから、ぼくはよく忘れることがあったのですが、ベビーソープも手の届くところにおいておきましょう。

洗っている最中にベビーソープがないと取りにいけないので…笑

 

ベビーソープは泡で出てくるタイプのものを選ぶといいですよ。

沐浴中は片手しか使えないので泡立てるのが大変です。

 

ベビーバスにお湯を入れる

お湯の温度が冷めてしまうので必ず着替えやバスタオルを用意してからお湯を入れましょう。

この時に湯冷め対策として風呂桶などに熱めのお湯を入れておくといいですね。

 

一人できる新生児の沐浴の仕方

用意ができたら実際に沐浴を始めていきましょう!

 

服を脱がす

服を脱がして、おむつも外します。

うんちやおしっこをしていたらおしりふきで拭きましょう。

 

お湯に入れる

お湯に入れるときは赤ちゃんがびっくりしないように足かおしりから入れていきます。

赤ちゃんの首をママやパパの腕に乗せるようにして手で肩を支えます。

胸あたりまでお湯に浸けたら、胸からお腹にかけてガーゼを乗せて安心させてあげます。

 

洗う

洗うときは上から順に洗っていきます。

 

まずは濡らしたガーゼで頭を濡らすように拭きます。

手にベビーソープを出して頭を洗っていきます。

 

ガーゼで頭を洗おうとするとどうしても髪の表面しか洗えません。

すると頭皮が洗えていないので頭が臭くなってきます

ポイントは頭皮の汚れを取るイメージで、指を髪の内側を通すように優しくなでることです。

 

ガーゼを濡らして頭の泡を流します。

流すのが難しく感じる場合はガーゼでお湯をすくって赤ちゃんの頭にかけるようにイメージしてみてください。

ガーゼで顔を拭きます。

ベビーソープはつけなくていいです。

 

ここからは体を洗っていきます。

体を洗う時はガーゼを使って優しく汚れを拭き取るイメージで洗っていきます。

 

上半身を洗います。

首のシワや脇、肘のシワには汚れがたまりやすいので意識して拭いていきましょう。

下半身を洗います。

股や膝の裏も汚れがたまりやすいので意識して拭きましょう。

 

赤ちゃんをひっくり返して背中側を洗います。

これが一番難しく感じるかもしれませんね。

ポイントは腕に赤ちゃんの鎖骨あたりを乗せて親指で肩を支え、残りの指は脇に入れます。

顔がお湯につからないように気をつけて見てあげてください

洗うのに集中している間に手が下がってきている場合があります。

 

お尻を洗います。

ここまでで一通り洗うことができましたね。

どうしてもお湯の中で洗うことになるのであまり泡は残らないと思いますが、泡がついている場合はガーゼを使って流してあげてください。

あまり難しい顔をしていたり、黙々とやっていると赤ちゃんも緊張してしまうので洗う時は「頭洗うよ」「次はお手て洗おか」といった具合にたくさん話しかけてあげてくださいね。

 

洗い終わったら風呂桶などに入れておいたお湯を足して暖かくします。

少し温もったら赤ちゃんを上げてバスタオルに包みます。

 

沐浴後

髪の毛が濡れていると冷えるのでしっかり拭いておきましょう。

また、股が濡れたままオムツをはかせると蒸れておむつかぶれの原因になるのでここもしっかり拭いておきます。

おむつかぶれになるとよく泣くようになってしまうので事前に対策しておきましょう!
おむつかぶれを早く治す!【原因と対策について】

 

拭き終わったら用意しておいた服とおむつの上に乗せます。

そのままオムツをはかせて服も着ます。

 

沐浴後のスキンケア

沐浴後のスキンケアも大事です。

 

保湿

お湯に浸かったことで意外とたくさんの汗をかいています。

つまり、たくさん水分が出て行ってしまったので沐浴後の赤ちゃんの肌は乾燥しやすい状態になっています。

乾燥した肌をそのままにしておくと皮膚に傷がつき赤くなったり、ばい菌が入ったりして湿疹ができたりします。

しっかり保湿ケアをすることが大事です。

 

あかちゃんが病気にならないように正しい保湿の仕方を学んでおくようにしましょう!
乳児湿疹の原因とケア!ママは絶対に知っておくべき湿疹のことをまとめてみたよ♪

 

沐浴中にうんちをした場合

赤ちゃんにもよると思いますがお湯に浸かると気持いので結構やってくれます。笑

あ……ってなりますがまぁ仕方ないですね。

当然赤ちゃんも悪気はないのでできるだけイライラしないように優しく対応しましょう。

 

既に洗い終わっていた場合はうんちが広がらないうちに赤ちゃんを上げてしまって沐浴終了です。

まだ洗っている最中だった場合は、一旦バスタオルに移してバスタオルでくるみます。

その上から毛布などをかけて寒くないようにして、急いでベビーバスのお湯を入れ替えます。

忘れずに新しいバスタオルも用意しておきましょう。

 

とにかく赤ちゃんを冷やさないように早くすることが大事です。

対策をするとしたら、沐浴前におむつを外した時にうんちをしていなかった場合はお腹のマッサージをして先に出すように促しましょう。

 

まとめ

誰でもママやパパになったばかりの頃は少なからず不安になるものです。

慣れないうちは難しく感じると思いますが、毎日することなので次第に慣れていくので大丈夫ですよ。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ