妊娠2ヶ月【妊娠4・5・6・7週目】のママと赤ちゃんの知識まとめ!

赤ちゃんが元気に育つために必要な栄養素

赤ちゃんが元気に育つ栄養素って?

 

 

 

妊娠4週~妊娠7週である妊娠2ヶ月の時期は、ママ自身が「妊娠したかも?」っと感じ始める時期です。

生理の遅れやいつもの生理前の症状との違いを感じて、「妊娠の初期症状かどうか調べてみた」というママさんも多いと思います。

 

このページでは、妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんのことについてまとめて紹介させていただきます。

 

妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子

 

赤ちゃんの大きさ

妊娠2ヶ月になった頃の赤ちゃんの身長は0.1cm程、体重は1g程です。

これから1ヶ月かけて2.1cm程、体重が10g程になります。

 

人の形になる胎芽

妊娠2ヶ月目の赤ちゃんは「胎芽」(たいが)と呼ばれる状態です。

胎芽ってあまり聞きなれない呼び方ですよね。

 

胎芽とは、着床した時から妊娠10週未満の赤ちゃんのことをいいます。

赤ちゃんは初めは魚のような形をしていて、この「胎芽」と呼ばれる時期の間に人の形に変化していくんです。

 

妊娠7週になる頃には人間らしい形になっていて、心臓も動き出すのでエコー検査で心拍を確認することができるようになりますよ。

 

胎嚢(たいのう)

赤ちゃんが入っている袋のことを胎嚢(たいのう)といいます。

これもまた、聞きなれない呼び方なんじゃないでしょうか?

 

妊娠4週になると超音波検査で子宮の中に胎嚢が見えます。

胎嚢が見えることによって妊娠しているかどうか判断します。

 

よく、妊婦さんが検査に行ったときに取ってもらう、お腹の中の赤ちゃんの写真ありますよね。

あの写真はエコー写真といいます。

 

エコー写真を見ると胎嚢が黒く映っていて、その中に小さくて白い胎芽が見えます。

そして、胎芽の横には「胎芽よりも大きい輪」が見えます。

 

これは卵黄嚢(らんおうのう)といってこの時期の赤ちゃんの栄養源です。

この時期の赤ちゃんはまだへその緒から栄養をもらっていなくて卵黄嚢から栄養をもらっています。

 

ヒヨコが卵に入っている間、黄身から栄養をもらっているのと同じですね。

 

妊娠2ヶ月のママの様子

妊娠2ヶ月はお腹の中の赤ちゃんが育つためにママの体が準備をしている時期です。

 

ほとんどの流産は妊娠12週未満(3ヶ月以内)の妊娠初期に起こるといわれているので、流産しないように気をつけて生活する必要があります。

流産についてはこちらのページで紹介しています!
妊娠初期の流産する確率と兆候や症状について知っておきたいこと!

 

また、ホルモンバランスが変化し、次第に妊娠初期症状が出るようになります。

妊娠初期症状の代表ともいえる「つわり」は妊娠2ヶ月中に出始め、妊娠3ヶ月にピークをむかえます。

 

妊娠初期症状についてはこちらのページで紹介しています!
妊娠初期症状の全て!妊娠を見分けるために絶対に知っておきたい兆候と症状!おすすめ!

 

妊娠したかも?っと感じ始める時期

妊娠4週目は生理予定日の時期と重なります。

妊娠3週目に妊娠していた場合、この時期に生理が来ません。

 

生理が来ないことで、

あみちゃん(新米ママ)
もしかしたら妊娠したかも?

 

っと感じ始める人も。

ただ、生理周期を把握していないと生理が遅れているかどうかわからないし、多少のずれは誰にでもあります。

だから、この時期に「妊娠したかも?」っと感じる人はそう多くないと思いますよ。

 

ママの外見は何も変化がありませんが、ママの体は赤ちゃんがお腹の中で育つために準備を進めています。

 

妊娠検査薬が使える時期

妊娠4週目になると妊娠検査薬を使って妊娠しているかどうかを調べることができます。

ただし、妊娠週数を間違えていて妊娠4週目になる前に検査をすると正しい結果が出ないので注意する必要があります。

 

あみちゃん(新米ママ)
私は今、妊娠4週目か。

っと思っていても、本当はまだ妊娠3週目だったなんてこともあります。

 

だから、妊娠の心当たりがあって妊娠検査薬を試してみた結果「妊娠していなかった」としても、1週間後にもう一度試してみることをおすすめします。

 

妊娠が発覚するタイミング

整理周期が安定している人であれば、生理が予定よりも1週間遅れていること気づく時期です。

妊娠4週目に妊娠検査薬を試した結果、「陰性」だったとしても妊娠5週目に試してみると「陽性」だったということもあります。

 

さらには、妊娠初期症状が出ていることに次第に気がつきます。

 

妊娠初期症状がはっきりしてくる

妊娠初期症状の代表ともいえるのが「つわり」ですね。

個人差がありますが、つわりは妊娠6週目頃から出てくるようになります。

 

今まで気にならなかった臭いが急に気持ち悪く感じることも。

特に、ご飯の炊ける臭いが気持ち悪く感じることが多いみたいです。

 

他には、

  • 食欲がなくなる
  • 1日中眠気が取れない
  • 突然吐き気がする

っといった症状が出ます。

妊娠初期症状についてはこちらのページで紹介しています!
妊娠初期症状の全て!妊娠を見分けるために絶対に知っておきたい兆候と症状!

 

妊娠初期症状が続く

妊娠7週目は、生理の遅れやつわりなどの妊娠初期症状による体調の変化を感じて産婦人科を受診したという妊婦さんが多い時期です。

 

妊娠7週目になってもママの見た目は特に変化はないですが、子宮は一回り大きくなっています。

子宮が大きくなったことで膀胱が圧迫されるのでトイレが近くなることも。

 

また、つわりが本格化して吐き気や眠気といった症状が出てきます。

食べるのが辛くなる場合もあります。

 

そんな時は無理せず、食べられそうな時に食べるようにしましょう。

同時に鉄分や葉酸、タンパク質を摂取するように意識するといいですよ!

 

他には、ホルモンの影響でにきびや乾燥肌といった肌荒れが起きやすくなります。

また、つわりによるストレスから情緒不安定になりがちです。

 

妊娠初期症状についてはこちらのページで紹介しています!
妊娠初期症状の全て!妊娠を見分けるために絶対に知っておきたい兆候と症状!

 

初期流産しやすい(安定期でない) 

妊娠7週目は赤ちゃんもママも準備中の段階です。

そのため、流産しやすい時期でもあります。

 

妊娠16週以降の安定期に入るまでは気を付けて生活しましょう。

流産についてはこちらのページで紹介しています!
妊娠初期の流産する確率と兆候や症状について知っておきたいこと!

 

妊娠2ヶ月目に摂りたい栄養素

あみちゃん(新米ママ)
妊娠中に必要な栄養素ってあるの?
かずはる
妊娠中は「鉄分」と「葉酸」を積極的に摂取するようにするといいよ。

 

鉄分

妊娠中は赤ちゃんにたくさんの鉄分が必要で、ママ自身の鉄分が不足しがちなんです。

鉄分が足りていないと

  • 貧血
  • 立ちくらみ
  • 頭痛
  • 疲れやすい

っといった症状がでます。

その他、鉄分は体中に酸素を運ぶ働きがあるため不足すると赤ちゃんに充分な酸素が届かなくて発育が遅れることもあります。

鉄分を摂るには、ほうれん草や小松菜を食べるようにするといいですよ!

 

葉酸

葉酸はお腹の中の赤ちゃんには欠かすことのできない必須の栄養素です。

妊娠中に葉酸が不足していると流産や死産の可能性が高くなり、さらには障害を持って生まれてくる可能性も高まります。

葉酸の摂取は難しい?

ぜひ妊娠したら摂取したい葉酸ですが、妊婦さんは1日に通常時の1.5倍の0.4mg摂取する必要があるんです。

ほうれん草やブロッコリー、レバーに多く含まれているんですが、食品に含まれる葉酸は熱に弱く水に溶けてしまうので食事から摂取するのはなかなか難しいんですよね。

だってこれらの食材って生で食べることってないですよね。

そのうえ、体内に残りにくいので毎日摂取する必要があります。

そこで活躍するのがサプリメントです!

鉄分も同時に摂れるのでおすすめです (*^-^*)♪

あみちゃん(新米ママ)
でも、葉酸サプリメントって種類がたくさんあって選ぶのが難しいね…。
かずはる
ママに人気の葉酸サプリメントを調べたから是非このページを見てみて!
葉酸サプリメントのおすすめは?ママに大人気の葉酸サプリ!おすすめ!

 

妊娠週数の数え方

妊娠週数の数え方
妊娠週数の数え方をわかりやすく紹介しています!

 

まとめ

このページでは、妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんのことについてまとめて紹介させていただきました。

 

妊娠2ヶ月は、妊娠初期でもあります。

妊娠初期についてはこちらのページで紹介しています!
妊娠初期【妊娠4~15週】のママと赤ちゃんの知識まとめ!

 

最後まで見ていただきありがとうございます (*‘ω‘ *)!

 

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ