妊娠初期症状の全て!妊娠を見分けるための兆候と症状!

赤ちゃんが元気に育つために必要な栄養素

赤ちゃんが元気に育つ栄養素って?

 

 

 

「もしかしたら妊娠したかも」っと感じているあなたへ。

そう感じる人の中には、望んでいた妊娠をして「妊娠することが嬉しい」と感じる人や、望まない妊娠をして「妊娠することが不安」と感じている人など、それぞれの感情があると思うんです。

中には、妊娠したことによって生活環境が大きく変わる人もいると思います。

 

ただ、妊娠初期症状と生理前の症状ってすごく似ているのでなかなか見分けるのが難しいですよね。

 

 

そういった人のために、妊娠したかもっと感じたら絶対に知っておきたい兆候と症状について紹介しています!

妊娠初期【妊娠4~15週】のママと赤ちゃんの知識まとめ!


妊娠初期とは

妊娠初期とは、妊娠4週(妊娠2ヶ月)から、妊娠15週(妊娠4ヶ月)までの期間のことをいいます。

妊娠週数の数え方

最終月経日(最後に生理がきた初日)が妊娠0週0日として、7日で1週、28日を1ヶ月として数えたものを妊娠週数といいます。

ちなみに月数は1ヶ月からスタートする数え方なのが注意するポイントです。

数え方の例(1月1日が最終月経日の場合)

1月1日  ⇒ 妊娠0週0日(妊娠1ヶ月)
1月2日  ⇒ 妊娠0週1日(妊娠1ヶ月)
1月3日  ⇒ 妊娠0週2日(妊娠1ヶ月)
1月4日  ⇒ 妊娠0週3日(妊娠1ヶ月)
1月5日  ⇒ 妊娠0週4日(妊娠1ヶ月)
1月6日  ⇒ 妊娠0週5日(妊娠1ヶ月)
1月7日  ⇒ 妊娠0週6日(妊娠1ヶ月)
1月8日  ⇒ 妊娠1週0日(妊娠1ヶ月)

1月29日 ⇒ 妊娠4週0日(妊娠2ヶ月)

生理周期が安定している方でも最終月経日を正確に特定するのは困難なので、あくまでも「目安」として考えておきましょう。

妊娠週数の一覧はこちらのページが参考になりますよ!
わかりやすい妊娠週数一覧表

それから、子宮に受精卵が着床するのが妊娠3週目からなので、妊娠3週目のことを「妊娠超初期」といいます。

 

「妊娠超初期が3週目からということは3週目未満はなに?」っと思いますよね。

 

生理があるのであれば、普段から妊娠するしないに関わらず妊娠2週目までを繰り返しているんです。

つまり、妊娠3週目に着床が起こるまでは正確には妊娠している期間ではありません。

っということは、子宮の状況も特に妊娠に向けての変化はないんです。

妊娠週数の数え方は「最後の生理の開始日」から数えるのでややこしいですよね。

でも、妊娠週数を把握しておくと

  • 出産予定日
  •  受精日
  • お腹の 赤ちゃんの体重やママの体重の目安

が予測できるようになるので是非理解しておきましょう。

妊娠の仕組みについてはこちらの記事が参考になります!
妊娠の仕組み!卵子が受精して受精卵になり、子宮内膜に着床するまで

妊娠初期症状はいつから始まるの?


妊娠初期症状が始まるのは妊娠4週目以降が目安です。

生理予定日から14日前くらいの時期に排卵が起こり、このときに精子と受精すると受精卵が誕生します。

その後1週間ほどの時間をかけて受精卵が卵管を通って子宮に到着し、子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。

 

着床の仕組みについてはこちらのページが参考になります!
受精から着床までの流れは?時期や期間、日数は?

 

この着床したタイミングがおよそ妊娠3週目になります。

それから少し経って、妊娠4週目(生理予定日)以降になると妊娠初期症状として様々な症状が出るようになります。

妊娠超初期症状

早い人だと妊娠が成立する妊娠4週目よりも前の妊娠3週目に症状が出てくることもあり、これを妊娠超初期症状と言います。

着床出血などは妊娠3週目に起きるので妊娠超初期症状の1つです。

妊娠初期症状別の症状が出るタイミング

ここからは妊娠初期の症状別にいつから症状が出るのか見ていきましょう。

着床出血(妊娠3週目)

子宮に受精卵が着床した時に受精卵が子宮壁を傷つけることがあります。

これによる出血を着床出血といいます。

妊娠初期症状で最も早く現れる症状は着床出血です。

生理予定日の1週間前である妊娠3週間目あたりに起きます。

着床出血は色は茶色っぽいものから真っ赤な鮮血と人によって様々です。

また3日ほどで出血は治まります。

また子宮壁が傷ついた際に若干の痛みが伴うこともあるようです。

ただし、人によっては着床出血がない場合もあります。

おりもの(妊娠3週目)

着床出血と同時期に出るようになります。

妊娠初期に出るおりものは、

  1. サラサラとしている。
  2. いつもより量が多い。もしくは少ない。
  3. 匂いがほとんどない。
  4. 白色や茶色、クリーム色、黄色、透明色

という特徴があります。

ホルモンの影響でおりものの量が増えることもありますが、中には、おりものが減ったいう方もいます。

そういった点から、おりものの量の変化も妊娠の初期症状として見てみましょう。

また、おりものの匂いが無臭であったり、匂いが少ないといった場合も妊娠の初期症状だということがあります。

眠気やだるさ(妊娠4週目~)

おりものと着床出血が妊娠3週目で一番早くわかります。

そして次に妊娠初期症状として起きるのが眠気、だるさです。

早い人で妊娠3週目半から起こります。

生理前にも眠気やだるさなどに悩まされますが、妊娠初期症状時のねむけやだるさはより重い症状になる場合が多いようです。

腰痛(妊娠4週目~)

腰痛にほとんどなったことないのに、いきなり腰痛になると妊娠初期症状の可能性が高いと考えられます。

眠気やだるさと一緒に起こることが多いです。

味覚、嗅覚の変化(妊娠4週目~)

妊娠4週目になると味覚、嗅覚が敏感になります。

ご飯を炊いた時の臭いが気持ち悪いなんてこともあります。

吐き気もある場合がありますが、この時期はまだつわりとは言いません。

また妊娠4週目になると妊娠検査薬にも反応が出る場合もあるので妊娠しているかどうかを確認してみましょう。

高温期が続く(妊娠5週目)

排卵されてから2週間は高温期が続きますが、さらに着床が起こることによってそれ以降も高温期が続きます。

そのため3週間つづいて高温期になることになり、その時期が妊娠5週目にあたります。

体もあつく、よく汗をかくようになり、なかなか寝付けないこともあります。

便秘(妊娠5週目~)

高温期が続くことによって黄体ホルモンが出続けることで通常のホルモンバランスが崩れ腸の運動が鈍くなります。

黄体ホルモンは子宮の収縮を抑える働きもありますがそれと同時に腸の運動も抑えてしまうのです。

それにより突然便が出なくなり、便秘になってしまいます。

つわり(妊娠6週目)

妊娠6週目頃になるとつわりが始まります。

ピークは妊娠9週目~妊娠10週目になります。

もうこの時期には妊娠しているかはわかると思います。

匂いに敏感になって、すぐに吐き気がこみあげてきてしまいます。

しかしピークを過ぎて、14~16週目になれば、ほとんどの方はつわりもなくなっていきます。

妊娠初期症状はいつまで?

妊娠初期症状は安定期に入る妊娠5ヶ月(16週)頃には無くなります。

早い人の場合はもっと早くに症状が出なくなることもあれば、そもそもつわりなどの症状があまり出ないという人もいます。

妊娠初期症状と生理症状の違い

「もしかしたら妊娠したかも」っと感じているあなたへ。

そう感じる人の中には、

望んでいた妊娠をして「妊娠することが嬉しい」と感じる人や、

望まない妊娠をして「妊娠することが不安」と感じている人など、それぞれの感情があると思います。

ただ、妊娠の初期症状と生理前の症状ってすごく似ているのでなかなか見分けるのが難しいですよね。

モヤモヤした気持ちを早くスッキリさせましょう!

っということでここからは、妊娠の初期症状なのか生理前なのかを見分けるヒントを紹介します!

体の変化

妊娠するとホルモンが分泌されることにより女性の体は変化し始めます。

個人差はありますが、

  1. 吐き気がする
  2. だるくなる
  3. 疲れやすくなる
  4. 頭痛がする
  5. おりものに変化がある
  6. 腹痛がする
  7. 下腹部痛がする
  8. 腰が痛くなる
  9. 胸が張る
  10. 寒気がする
  11. 匂いに敏感になる
  12. 眠気がする
  13. 基礎体温が高くなる
  14. 乳首が敏感になる
  15. 脚の付け根が痛くなる
  16. めまいがする
  17. イライラしやすくなる
  18. 熱っぽさを感じるようになる
  19. 食べ物の好みが変わる
  20. 情緒不安定になる

などの症状を感じることが多いようです。

ですが、こういった症状のうちのいくつかは生理前でも出る人もいますよね。

ただ、妊娠した女性の多くは「いつもの生理前の症状とは違いがあった!」と後々感じる人が多いみたいです。

これらの症状の中でも特にポイントとなる症状を見ていきましょう!

下腹部痛

妊娠初期に下腹部痛になる原因は、子宮の変化による痛みです。

妊娠すると赤ちゃんが成長しやすい環境にするために子宮が大きくなっていきます。

すると、骨や臓器が圧迫されるので痛みを感じたり、子宮への血流が増えることで下腹部が痛くなります。

 

また、着床痛といって受精卵が子宮にたどりついて着床した時にも子宮のあたりが痛く感じることがあります。

生理痛との違いとしては、生理の時よりも「鈍く重たい痛み」であることが多いようです。

また、腰も痛かったり、下腹部が全体的に痛いという場合もあるようです。

妊娠した女性が「生理の時とは違った」と感じるポイントとして最も多いのが、「下腹部の痛みが生理の時とは違った」っというように、違和感を感じた経験のある方が多いという点です。

おりもの

このおりものの変化は、妊娠するとプロゲステロンやエストロゲンという黄体ホルモンが分泌されることで、変化するといわれています。

ホルモンの影響でおりものの量が増えることもありますが、中には、おりものが減ったという方もいます。

そういった点から、おりものの量の変化も妊娠の初期症状として見てみましょう。

 

また、おりものの匂いが無臭であったり、匂いが少ないといった場合も妊娠の初期症状だということがあります。

さらに、普段は粘つきのあるおりものですが、白色や透明色に変わり、サラサラした感じに変わってきます

下腹部痛と同様に、妊娠初期の症状として「生理の時とは違う」と感じる方が多いようです。

 

妊娠初期のおりものについてはこちらの記事が参考になりますよ♪
生理前のおりもの変化は妊娠超初期症状?高温期に着床すると増える?

腰痛

腰痛を抱える女性はたくさんいますが、妊娠すると「いつもと痛む場所が違う気がする」と感じる方もいるようです。

妊婦さんの腰痛はお腹が大きくなってきてからだと思ってしまいそうですけれど、実は妊娠の初期段階にも腰痛が現れることがあります。

妊娠初期の腰痛の原因

子宮に受精卵が着床(妊娠3週目)して妊娠するとすぐに「リラキシン」というホルモンの分泌が始まります。

このリラキシンというホルモンは赤ちゃんが出産の時に狭い骨盤を通れるように、出産の時期にかけて少しずつ関節や靭帯を緩める働きをします。

その結果、緩んだ骨盤はグラつき不安定になります。

すると、骨盤を支えるために腰の筋肉は普段よりも大きな負担がかかるため腰が痛くなるんです。

 

リラキシンは生理前から分泌されていて、妊娠3カ月頃(着床したタイミング)になると増え始めます。

妊娠4カ月頃になるとリラキシンの増加量はピークになります。

妊娠6カ月以降は低下し始め、妊娠7カ月頃までは横ばいです。

その後、妊娠後期ではまた増え始めるので、それに応じて腰痛が起きやすくなります。

 

また、妊娠前から腰痛が起こりやすい方や筋力の弱い方は、腰の負担が更に増えるので妊娠初期から腰痛になりやすいです。

生理前の腰痛の原因

妊娠した時と同じようにリラキシンというホルモンが影響して腰が痛くなります。

ただし、妊娠した時ほどリラキシンが分泌されている量は多くないので妊娠した時よりは痛みがマシであることが多いです。

腰痛の痛みの違い

生理前の腰痛

背中から腰、太ももにかけて、重く鈍い痛みを感じるのが特徴です。

子宮の裏側あたりにかけて、ずしんと重たく感じる腰痛ですね。

妊娠超初期症状の腰痛

骨盤あたりに激しい痛みを感じる人もいれば、腰全体にじんわりと長く続く痛みを感じる人もいます。

腰痛の対策

骨盤周りの筋肉に負担がかかっているため、骨盤周りの筋肉が硬くなります。

すると、血行が悪くなり体を冷やしてしまうことにつながるため、腰痛がある場合はとにかく腰回りを温めるようにすることが大事です。

腰痛の見分け方

実際に妊娠した方で生理前に腰痛になっていた場合は、「いつもと違う箇所や重さの腰痛だった」と感じる方が多いようです。

同じように感じるのであれば、妊娠初期症状の腰痛かもしれませんね。

 

妊娠初期の腰痛は生理予定日頃から始まるので、生理前に腰痛がなかった方は生理予定日以降に腰が痛くなり始めたかどうかで見分けるといいですよ。

 

生理前の症状と妊娠初期の症状はとても似ているので、腰痛以外にも他に妊娠初期の症状が出ていないかを確認するのがポイントです。

まとめ

妊娠初期症状は人によって様々で、症状が生理前の症状と似ていることも多いので、妊娠していることに気がつかない場合もあります。

もし、「いつもの生理前の症状と違うな。違和感があるな。」と感じたら、生理予定日の1週間後(妊娠5週目)に妊娠検査薬で確認してみるようにしましょう!

 

今回は妊娠初期症状について紹介させていただきました (*´ω`*)♪

このページを作成するにあたってこちらの記事を参考にしています!
妊娠初期症状まとめ。妊娠兆候はいつから?

 

最後まで見ていただきありがとうございます!


妊娠初期【妊娠4~15週】のママと赤ちゃんの知識まとめ!

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ