乳児湿疹の原因とケア!ママは絶対に知っておくべき湿疹のことをまとめてみたよ♪

 

赤ちゃんの肌が赤くなっていたりポツポツができていると心配ですよね。

もしかしたら、すごくかゆかったりヒリヒリするのかもしれません。

そのままにしておくと悪化してしまうこともあるので早めにケアしてあげる必要があります。

 

ちなみに、赤ちゃんがかわいいからといってほっぺをぷにぷにと触っていませんか?

これも乳児湿疹の原因になることもあります。

 

では、乳児湿疹の原因とケアについて詳しく紹介しますね!

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは乳児(1歳になるまでの赤ちゃん)に見られる様々な種類の湿疹をまとめた呼び方です。

湿疹とは

湿疹とは皮膚の表面にできる炎症のことで、皮膚炎とも言います。

似たような言葉に「かぶれ」というものがありますが、かぶれは、湿疹・皮膚炎の中でも特に、原因となる物質が皮膚に直接触れたことで起こる皮膚の炎症のことをいいます。

赤ちゃんの肌は大人と比べると半分の厚さしかなくバリア機能も低いです。

そのため、様々な湿疹になりやすいんです。

皮膚が赤くなるのに加え、ポツポツができる場合や、かゆみが生じる場合、ヒリヒリと痛む場合があります。

乳児湿疹はどうして起きるのか

赤ちゃんに限らず人の体には「免疫」というものがあります。

この免疫は体内にウイルスなどの悪いものが入ると、反応して悪いものを攻撃することで排出しようとします。

この免疫の働きによって人はウイルスなどから体を守っています。

 

そんな免疫ですが、時に本来よりも必要以上に働いてしまうことがあります。

すると、その部分では炎症が起こってしまうんです。

免疫が過剰に働くとどうして炎症が起こるのか
先ほど「免疫は体内にウイルスなどの悪いものが入ると、反応して悪いものを攻撃することで排出しようとする」と説明しましたが、過剰に働いているときはこの「攻撃」が普段よりも強いんですね。

要するに、悪いものと一緒に体にも攻撃してしまったために攻撃を受けた部分が炎症を起こしてしまうんです。

このように、免疫が過剰に働いてしまった結果、炎症が起こることを「アレルギー反応」と言います。

アレルギー反応が出ると、炎症とともに「かゆみ」や「痛み」といった症状が出ることもよくあります。

 

その他にも、こすりすぎた場合等、肌に直接の刺激があった場合にも湿疹ができることもあります。

湿疹の仕組みについてはこちらの記事が参考になります!
湿疹・皮膚炎・かぶれはなぜ起こる?

新生児ニキビと乳児脂漏性湿疹

新生児ニキビの特徴

新生児ニキビとは生後1ヶ月頃までの新生児の時期にできるニキビのことです。

見た目は大人のニキビと同じで赤いぶつぶつが顔全体で出てきます。

乳児脂漏性湿疹の特徴

首よりも上にでき、生後4ヶ月頃までできやすいです。

黄色っぽいかさぶたのようなものやフケのようなものができます。

かゆみはありませんが炎症してくると赤くなってきます。

原因

新生児ニキビと乳児脂漏性湿疹で原因は同じです。

赤ちゃんはママからの影響により女性ホルモンが多いためもともと皮脂の分泌が多いんです。

皮脂の分泌が多いのに対して赤ちゃんの毛穴は小さいので皮脂が詰まりやすく、詰まった皮脂が皮脂腺を刺激することが原因になります。

 

また、乾燥している場合やコスったりして肌が傷ついていた場合、ばい菌による刺激を受けやすくなることが原因になります。

 

赤ちゃんは睡眠時間が長いという赤ちゃんならではの原因もあります。

睡眠時間が長いとどうして湿疹ができるの?

って思いますよね。

 

睡眠時間が長いということはそれだけ布団と触れている時間が長いということです。

布団に長く触れていれば布団自体が次第に汚れていきます。

さらに、布団についた菌が繁殖し、長時間赤ちゃんの肌に触れることで赤ちゃんの肌は過剰に反応してしまうんですね。

ケア

新生児ニキビと乳児脂漏性湿疹でケアの方法は同じです。

新生児ニキビはホルモンの影響によってできやすくなっているため成長とともにできにくくなっていきます。

 

そして、肌を清潔に保つことで予防ができできてしまったニキビは肌を清潔に保っていれば自然と治ります。

 

清潔にするために汗をかいているようであればこまめに拭いてあげ、基本的に毎日、沐浴やお風呂に入って顔や体を洗うことが大切です。

お風呂上がりには保湿をして乾燥しないようにすることも大事です。

 

また、毎日寝ている布団やママやパパの手など赤ちゃんによく触れるモノはきれいにしましょう!

 

新生児ニキビについてはこちらの記事が参考になります!
赤ちゃんにできる「新生児ニキビ」原因とケア方法

乳児脂漏性湿疹についてはこちらがの記事がさんこうになります!
乳児の「脂漏性湿疹」の原因とケア方法

アレルギーによる湿疹

アレルギーによる湿疹の原因と特徴

食物アレルギーとは、ある特定の食物を食べたり飲んだりすることによって引き起こされるアレルギー反応です。

卵、牛乳、小麦、大豆といった食材がアレルギーの原因になりやすいです。

離乳食を始めるとこれらの食材は気を付けないといけません。

離乳食の進め方と注意点についてはこちらのページで紹介しています!
離乳食の進め方!離乳食の始め方からレシピまで徹底解説!

 

気をつけたいのは、離乳食をスタートしていない授乳中の赤ちゃんでもアレルギーが出る場合があります。

その原因は母乳です!

 

ママがアレルギーを引き起こしやすい食材を食べるとアレルギー体質の子は症状が出る場合があるんです。

症状は顔や体に赤い湿疹ができたり呼吸困難や嘔吐、意識を失うといった症状が出ます。

成長するにつれてアレルギーが出にくくなり、アレルギーを引き起こしやすい食材を食べれるようになる場合が多いです。

ただし、命に関わることもあるので症状が出た場合にはすぐに病院を受診しましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギー症状を引き起こしやすい体質の子や、皮膚のバリア機能が弱い子に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

かゆみを伴う赤い湿疹ができ、なかなか治らず良くなったり悪くなったりを繰り返します。

また、膿んでいて周りの皮がむけてきます。

左右対称にできることが多く、顔や首、脇、肘や膝の内側にできることが多いです。

原因

アトピー性皮膚炎の原因は赤ちゃんによって個人差があり、まだ解明されていない部分が多いです。

バリア機能が低下した状態の肌に、ダニやホコリ、食物などのアレルゲンの侵入によって引き起こされると考えられています。

ケア

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因は「かゆみ」です。

かいてしまうことで炎症が悪化し、バリア機能がさらに悪化します。

すると、さらにかゆくなるっていくので、かいてしまいさらに悪化するという悪循環になります。

この悪循環を止めるには病院で炎症をおさえる薬を処方してもらい、肌を清潔に保つこと、そして皮膚への刺激をなくすことが必要です。

赤ちゃんのほっぺ

赤ちゃんといえばふっくらしたほっぺが特徴的ですよね !

もちろん全身ふっくらしてるんですけど、やっぱりほっぺのやわらかさは赤ちゃんの象徴と言えると思います。

上でも書いたんですけど、かわいいからといってついついほっぺをプニプニしていませんか?

 

 

実は触りすぎるとほっペが赤くなる原因になることもあるんです。

ほっぺが赤くなったりカサカサしているのを放っておいちゃダメですよ!

恐ろしいことに湿疹や皮膚炎になることもあるんです。

しっかり原因を見極めて対処する必要があります。

ほっぺが赤い原因

りんご病

正式には伝染性紅班(でんせんせいこうはん)と言います。

必ず両方のほっぺが赤くなるのが特徴です。

腕やお腹、太もも、背中などにもぎざぎざした発疹ができることがあります。

咳や鼻水など風邪に似た症状がでる感染症です。

 

赤くなるのは、風邪に似た症状が出てから1週間ほでしてウイルスが弱ってきた頃なんです。

なので、赤くなったころには風邪に似た症状は治っていることが多いです。

ほっぺが赤くなる少し前に風邪のような症状があったのならリンゴ病かもしれないですね。

ウイルスもすでに弱ってきているので特に心配する必要はありませんよ (^^)♪

 

ただし、飛沫感染をするので保育園などで感染する場合があるので気づき次第お休みするようにしましょう。

入浴は問題ありませんが、かゆみがある場合があります。

また、発疹は1~2週間の間に消えることが多いです。

温度の変化

冬場に寒い外から暖かい部屋に入ってくるとほっぺが赤くなることがあります。

これは大人でもなりますよね。

人間の体は冷えてくると心臓などの重要な部分をしっかり温めるために手足などの血管を収縮させて重要な部分に血が集まるようになっています。

 

その状態で、暖かい部屋に入ると今度は急激に温度が上がったために今まで収縮させていた血管を拡張させます。

この時にほっぺが赤くなるのですが特に赤ちゃんはほっぺの皮膚が薄いためにより赤く見えるんです。

つまり、温度の変化によってほっぺが赤くなるのは正常なことなので何も心配することはありません。

乾燥によるほっぺの赤み

赤ちゃんのほっぺはもっちりスベスベですが気を付けないと乾燥してカサカサになります。

その状態からさらに悪化すると赤くなってしっしんになってしまうんですね。

 

赤ちゃんの肌はまだまだ未熟で大人と比べると半分の厚さしかなく、とてもデリケートです。

また、大人よりも多く汗をかく赤ちゃんはどんどん肌から水分が抜けていきます。

特にお風呂ではいつも以上に汗をかくのでお風呂上がりは急激に乾燥します。

 

お風呂から出た後しっかりケアをしてあげていますか?

肌が乾燥してカサカサの状態で刺激を受けると傷がついてすぐに赤くなってしまいます。

さらに、肌の傷からばい菌が侵入して湿疹や皮膚炎になることもあります。

 

大人がただカサカサしているだけに見えていても赤ちゃんにとってはかゆかったりヒリヒリしているかもしれません。

適切なスキンケアをして対処しましょう!

乾燥時のスキンケア

できれば乾燥してしまってからではなく、日頃から保湿ケアをするようにして乾燥予防出来ている状態がベストです!

もし、乾燥してしまった場合は肌を清潔にして保湿することが大切です。

清潔にする

食後や授乳後にほっぺが汚れていたらそこからばい菌が繁殖していくので、濡らしたガーゼやウェットティッシュ等で汚れを拭いて清潔にしましょう。

また、お風呂などで赤ちゃんに使う洗剤は赤ちゃん用の洗剤を使うようにしましょう。

大人の洗剤を使うと皮脂を落としすぎて余計に乾燥する原因になってしまう場合があります。

 

洗剤を流しきれていなくて肌に残っている場合も刺激になってしまうので優しくしっかり流しましょう。

赤ちゃんの肌に触れるガーゼやバスタオルなどはできるだけ柔らかい生地の物を選ぶようにすると肌が傷つきにくくなるので効果的です!

保湿する

室内は加湿器などで常に湿度を50%ほどにしておくようにするといいです。

あまり湿度を高くしすぎると布団などにカビが生えて汚れてしまうので50%前後がオススメです!

お風呂上がりなどは特に乾燥するのでローションやオイルを塗って保湿しましょう。

 

ただし、こちらも大人用のものは避けましょう。

大人用の保湿剤には「界面活性剤」といった赤ちゃんにとっては余計なものが含まれている場合が有り、肌が刺激されて荒れる場合があるからです。

赤ちゃん用で無添加のものを選ぶようにするといいですよ (*’▽’)♪

保湿剤の選び方

軟膏

軟膏タイプの保湿剤はおむつかぶれなどになった時に病院で処方されることが多いです。

べたつくので服を汚してしまったりと扱いづらくあまり市販されていません。

肌を覆うことで刺激から守り水分が出ていくのを防ぎます。

製品にもよりますが保湿効果は比較的高く肌への刺激は少ないです。

ローション

ローションタイプの保湿剤は水分を浸透させて保湿します。

さっぱりとしていてベタつかないので扱いやすいです。

しかし、肌に浸透させるため肌に合わないと肌の内側で刺激になることもあります。

クリーム

クリームタイプの保湿剤は軟膏タイプとローションタイプの中間といったところです。

軟膏ほどベタつかず、肌表面を覆うことで刺激から守り水分が出ていくのを防ぎます。

 

多少べたつくといっても乳液を塗った時ぐらいの感じです。

塗るときもさらさらしていて塗り広げやすく扱いやすいです。

オイル

オイルタイプの保湿材はクリームタイプとローションタイプの中間といったところです。

クリームタイプよりも液体ですべすべしています。

 

保湿剤としても使えますが、肌を摩擦から守る効果があります。

うちでは耳掃除や鼻掃除をする際に綿棒に塗って使っていました。

まとめ

どうでしたか?

ほっぺをプニプニしたいなら赤ちゃんの肌の調子がいい時にきれいな手でしましょう!!

乳児湿疹を防ぐにはしっかりと保湿して、周りを清潔にするのが最も効果的です!

 

以上で赤ちゃんの乳児湿疹の原因とケアの仕方についての紹介は終わりです。

ありがとうございました  (^^)♪

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ