成果?過程?男女別「褒めるポイント」とは

 

誰かを褒めるのは、ごく自然にできることのように思えます。

より褒めた効果を引き出すには、男性と女性で「褒めるポイント」が違うのです。

 

心理学的に、男性は「成果」、女性は「過程」を褒めると良いと言われています。
具体的に、どんなことに注目して褒めると効果的なのかをお伝えしていきます。

 

 

男性は「成果」を褒められると嬉しい!

男女別褒めるポイント

 

 

男性を褒めるときは、物事の「成果」を具体的に言うのがポイントです。

女性に比べて単純な心理でできている男性は、学歴や仕事などの成果を褒めるのが効果的です。

 

成果だけでなく、外見・内面やその人がこだわりを持っていることに対して具体的に褒めても、嬉しく感じるでしょう。
また、男性は縦社会で生きる、プライドの高い生き物です。

 

そのため、過程よりも成果を評価して褒めるのが効果的なのですね。

 

 

男性を褒める「さしすせそ」を応用!

男女別褒めるポイント

 

 

男性を褒めるときに、さりげなく使える「さしすせそ」を知っているでしょうか。

 

  • 「さ」…さすが!
  • 「し」…知らなかった!
  • 「す」…すごい!
  • 「せ」…センスいいね!
  • 「そ」…そうなんだ!

 

この5つのキーワードを会話に入れることで、さりげなく男性を褒めることができるのです。
「さしすせそ」の法則を使えば、誰でも簡単に「褒め上手」になれそうですね。

 

 

女性を褒めるなら「過程」がポイント!

男女別褒めるポイント

 

 

女性は男性と違い、成果よりも物事の「過程」を褒めると効果的です。

 

仕事を頑張っていることや、プライベートでも美容やダイエットなど力を注いでいることを、褒めてみましょう。

また、親切心や気遣いなど、相手のためにした行動を褒めたり、お礼を言うことも効果がありますよ。

 

ただし、女性は難しい生き物で、少しタイミングがずれてしまうと、褒められたと受け入れにくくなります。

「今の、いいな」と思ったら、すぐに口に出してみましょう。女性を褒めるタイミングは、ほんの一瞬なのです。

 

 

褒めて伸ばす!効果的なセリフとは?

男女別褒めるポイント

 

 

「褒めて伸びるタイプ」という女性は、少なくありません。
例えば、仕事でプロジェクトが成功したなら、「プロジェクト成功に至ったのは、あなたの○○という過程があったからだ」と、成果に対する過程を褒めると良いでしょう。

 

また、ダイエットをしている女性なら、その「変化」を褒めましょう。

「痩せたから良い」ということではなく、「頑張った、変わった」というポイントを突きます。

 

過程を褒めるコツを掴めば、仕事でもプライベートでも応用できそうですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

男性・女性ともに、「成果」や「過程」といったポイントを押さえて褒めることが大事だと知っていただけたかと思います。

 

この心理を応用すれば、仕事で部下を育てたり良いチームワークを築くことに繋げられますし、プライベートでも良い関係が築けたり、恋愛もスムーズに進みそうですよね。
褒めるポイントを男女別に把握して、お互いに気持ちよい関係を築いていきましょう。

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ