離乳食の進め方!離乳食の始め方からレシピまで徹底解説!




 

離乳食って「いつから始めたらいいんだろう?」とか「どうやって食べさせたらいいんだろう?」、「食べてくれない…」っと、意外と困ることが多いですよね。

 

ぼくの子もなかなか食べてくれなくてすごく苦労しました(>_<)。

 

そんな離乳食なんですが、赤ちゃんが食事を食べれるようになるために欠かせないものです。

 

今回は離乳食の進め方について、ママが困りやすいポイントをしっかりおさえて紹介していきます!

目次

いつから?離乳食の始め方

いつから離乳食を始めたらいいのか悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

離乳食の開始時期は赤ちゃんの睡眠や授乳などの生活リズムが整ってくる5~6ヶ月が目安です。

また、この頃になると授乳だけでは栄養が足らなくなってきます。

離乳食を始めるタイミング

  • 5~6ヶ月になった。
  • 母乳やミルクがしっかりと飲めている。
  • 体重が順調に増加している。
  • 睡眠や授乳の生活リズムが整ってきた。
  • 大人の食事を見てよだれを垂らすなど、食べたがる様子を見せる。
  • よだれがたくさん出る。
  • 首がすわり、支えがあれば座れる。
  • 口にスプーンを入れてみても押し出さない。

以上のような様子があれば始めてみましょう。

 

赤ちゃんが嫌がったりする場合もあり、離乳食を始めるタイミングは赤ちゃんにもよるので無理に始める必要はありません。

むしろ、離乳食になれることが目的なので無理に食べさせようとして赤ちゃんが離乳食を拒むようになってしまっては逆効果ですからね。

ただし、先程も言ったように授乳だけでは栄養が足らなくなってくるので遅くとも7ヶ月頃には始めるようにしましょう。

離乳食の役割

今までは母乳やミルクなどの液体を飲んできましたが、離乳食を通して大人と同じように固形物を食べれるようになるための練習をします。

様々な味や食感を感じることで食べることに慣れること食べた刺激によって脳が発達することを意識してみてくださいね。

初めのうちは同じものでもいいですが、7~8ヶ月ぐらいになって食べるのに慣れてきたら色々な物を用意してあげましょう。

赤ちゃんに与えたい栄養素

炭水化物

炭水化物は体の中の消化酵素で消化される「糖質」と、消化されない「食物繊維」を合わせた名称です。

人が動く上で必要になるエネルギーの中心となる栄養素です。
主に穀類や豆類、野菜や果物などに含まれます。

鉄分

鉄分は血液の運搬をし、全身に酸素を届ける役割りがある栄養素です。

主に肉や魚介類、野菜などに含まれています。

カルシウム

カルシウムは骨や、歯の成長に欠かせない栄養素です。

主に魚介類や乳製品、野菜などに含まれています。

たんぱく質

たんぱく質は、皮膚、骨、筋肉、毛髪、血液、臓器などを作るのに必要不可欠な栄養素です。

主に肉や殻類、豆類、魚介類、卵、乳製品などに含まれています。

ビタミン

ビタミンの種類は13種類もあり、それぞれ働きが違いますが「タンパク質」や「糖質」、「脂質」の働きを正常に保つのに必要な栄養素です。

主に野菜や果物などに含まれています。

脂質

脂質はエネルギーを保ち、皮膚を保護するのに必要な栄養素です。
また、細胞膜や血液、そして神経組織を作るのにも必要不可欠です。

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどの体内吸収を促進する働きを持っています。

主に油脂類や肉類、乳類、魚介類、植物の種や実などに含まれています。

離乳食の進め方

離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて段階的に食べ物のかたさや大きさを調節します。

 

初めのうちは赤ちゃんの体調やアレルギーを見極めるために食材を一つずつ食べさせるようにします。

複数の食材が入ったものを食べさせた場合、アレルギー反応が出た時にどの食材がアレルギーの原因が特定できなくなるからです。

新しい食材を食べさせるときは1さじだけにしておきましょう。

 

初めのうちは1日1食です。

できるだけお昼頃の授乳時間に、授乳をする前に与えます。アレルギー反応が出た時のためにすぐに病院に行けるよう準備をしておきましょう。

 

始めてから1ヶ月ほどしたら1日2食に増やします。

さらにその1ヶ月後には一日3食に増やしましょう。

4段階の進め方

離乳食の進め方には4段階の進め方があります。

それぞれの段階のことを

  • 離乳食初期(ゴックン期)
  • 離乳食中期(モグモグ期)
  • 離乳食後期(カミカミ期)
  • 離乳食完了期(パクパク期)

といいます。

とてもわかりやすい画像があったので引用させてもらいました。

参考にしてみてくださいね!

離乳食の進め方の目安

出典:離乳食 進め方の目安

っということでここからは段階ごとに分けて紹介していきますね♪

離乳食初期(ゴックン期)

生後5~生後6ヶ月頃が目安です。

1日1食、すりつぶして細かくした食材にとろみをつけてドロドロにしたものを与えます。

生後5ヶ月頃(初期の前半)

タイミング

お昼頃の授乳時間に、お腹がすいて食べやすいように授乳の前に食べさせましょう。

食べるトレーニング

この時期はたくさん食べることよりも赤ちゃんが自分の力で食べられるようにトレーニングすることが大事です。

「食べ物を口に入れ、舌で口の奥へ移動させて飲み込む」というのをできるようにする期間です。

 

ママやパパが赤ちゃんの口の奥までスプーンで入れてあげていると丸呑みしてしまい、いつまでも赤ちゃんが舌を動かす練習になりません。

赤ちゃんが自分で口に入れやすいように下唇の上においてあげるようにしましょう。

初めての食材

初めて与える食材は必ず1さじだけ与えるようにしましょう。

初めはおかゆから

最初のうちは消化がよく、アレルギー反応の出にくい「10倍がゆ」からスタートします。

スタートして1週間ほどたったら「いも」や「野菜」、「パン」を与えます。

味付けは必要ありません。

まとめて作って冷凍保存

離乳食を作る場合は、ペースト状にするなど下準備をしたものを1度にたくさん作っておいて製氷皿などに入れて凍らしておくと毎回作る手間が省けますよ。

解凍する際は製氷皿から必要な数を器に移して、お湯やだし、スープを少し入れてから電子レンジで加熱するといいです。

特に「米がゆ」は主食なので頻繁に必要です。

レシピ

★10倍がゆの作り方

10倍がゆは消化吸収がよく炭水化物が豊富に含まれていて、この時期の主食になります。

★じゃがいもペーストの作り方

じゃがいもにはビタミンや炭水化物、その他、葉酸やカリウムなどの成分が豊富に含まれており、特にビタミンCはみかん並みに含まれています。

ジャガイモの芽には「ソラニン」という毒素が含まれているので芽はしっかり取り除きましょう。

★さつまいもペーストの作り方

さつまいもには炭水化物やビタミンが豊富に含まれています。

他にヤラピンという成分が含まれており、これは便秘解消に効果があります。

★にんじんペーストの作り方

にんじんには炭水化物やビタミンが豊富に含まれています。

皮の付近の方が栄養が多いので皮は薄くむきましょう。

★キャベツペーストの作り方

キャベツにはビタミンが豊富に含まれ、ジアスターゼという胃の消化能力を助ける成分が含まれています。

★和風だしの作り方

かつおにはタンパク質やカルシウム、ビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンやミネラル成分がバランスよく含まれているため発育不全に効果があります。

★昆布だしの作り方

昆布にはカルシウムや鉄分が豊富に含まれています。

他にはアルギン酸というぬるぬるした成分がお腹の調子を整える働きがあります。

★野菜スープの作り方

入れる野菜にもよりますが野菜の多くにはビタミンが豊富に含まれているので、複数の野菜を加えることで様々な種類のビタミンをバランスよく摂取することができます。

「10倍がゆ」は赤ちゃんの成長とともに、「7倍がゆ」、「5倍がゆ」と徐々に水分を減らしていきます。

野菜やだし、野菜スープは汎用性が高いです。

この時期はそれぞれの材料として赤ちゃんに与えますが、成長とともにほかの材料と組み合わせて利用するようになっていきます。

生後6ヶ月頃(初期の後半)

進め方

赤ちゃんが離乳食に慣れてきているようであればそろそろ2回食にしてみてもいいですよ。

米がゆや野菜、いもに慣れてきたらタンパク質を追加していきましょう。

脂肪が少なくて消化吸収が良い「豆腐」や「白身魚」を用意しましょう。

 

新しい食材は1さじからのスタートに気をつけてくださいね。

食が進んでいないようであれば野菜スープやだしを食材に加えて、風味をつけると食べやすくなります。

レシピ

★豆腐の下準備

豆腐は冷凍保存には向いていません。

冷凍するとかたくなってしまうので控えましょう。

豆腐は鍋で沸騰するまで茹でます。

茹で終わったら鍋から取り出しうらごししましょう。

そのまま与えてもいいですが赤ちゃんが食べにくいようであれば、だしや野菜スープを加えて風味をつけると食べやすくなります。

★しらすペーストの作り方

しらすはタンパク質やカルシウムが豊富です。

特にしらすにはカルシウムを効率よく摂取するのを助ける成分が含まれているので是非食べさせてあげましょう。

★白身魚の三色とろとろの作り方

★ブロッコリーペーストの作り方

★かぼちゃペーストの作り方

★バナナペーストの作り方

★りんごペーストの作り方

★トマトペーストの作り方

★ほうれん草ペーストの作り方

★玉ねぎペーストの作り方

★とうもろこしペーストの作り方

★小松菜ペーストの作り方

★大根ペーストの作り方

★海苔ペーストの作り方

★アスパラガスペーストの作り方

★ひじきペーストの作り方

★ホワイトソースの作り方

離乳食中期(モグモグ期)

生後7~8ヶ月頃が目安です。

1日2食、舌でつぶせるかたさのものを与えます。

生後7ヶ月頃(中期の前半)

進め方

舌が前後だけでなく上下にも動かせるようになるので初期よりも水分が少ないものに挑戦できるようになります。

粗く潰したものや小さく刻んだものを食べることができ、鶏のささみや鮭などタンパク質が多く含まれている食べ物が増えます。

この時期は丸呑みせずにしっかりとモグモグ食べるようにさせましょう。

 

赤ちゃんの口にまだ入っているのに次を与えようとするとすぐに飲み込んでしまうので、赤ちゃんが飲み込んだのを見てから口元に持って行ってあげるといいですよ。

もしパサつく食材が食べにくいようであれば、片栗粉を少し加えてだしやスープを足すことでとろみをつけてあげると食べやすくなりますよ。

レシピ

★7倍がゆの作り方

★そうめんペーストの作り方

★鶏ささみのすり身の作り方

★鮭フレークの作り方

★お野菜たっぷりうどんの作り方

★バナナさつまいもヨーグルトの作り方

★ベビー麻婆豆腐の作り方

★3色納豆がゆの作り方

8ヶ月頃(中期の後半)

進め方

この時期になると支えがなくても座れるようになる子も出てきます。

すると、両手が空き、スプーンや離乳食に手を伸ばすようになります。

これは、自分で食べたいと離乳食に興味を抱いている証拠です。

 

赤ちゃんが食べ物を手づかみしようとしたらついつい止めてしまいがちですが、できるだけ好きにさせてあげましょう。

ここで、怒ったりすると赤ちゃんの意欲を否定することになる上、食べることに対して楽しくないと感じてしまうため自分から食べなくなる子も出てきます。

 

冷たいや暖かかい、かたい、やわらいを手でつかんで感じることも脳の発達にはいいことですよ。

時にはこぼすこともありますが、赤ちゃんにとってはそれも学習なんです。

事前にスタイをつけたり赤ちゃんの周りにタオルを敷いておくなどしてこぼしてもいいようにしておきましょう。

 

離乳食の食べ方に限ったことではないですが危険のない範囲で好きにさせてあげることが赤ちゃんの発達には最も効果的です。

レシピ

★ベビーフレンチトーストの作り方

★小松菜ふりかけとチーズのおかゆの作り方

★コーンスープパスタの作り方

★トマトしらすリゾットの作り方

★白身魚のあんかけの作り方

★いちごミルクの作り方

離乳食後期(カミカミ期)

生後9~11ヶ月頃が目安です。

1日3食、歯ぐきでつぶせるかたさのものを与えます。

生後9ヶ月~生後10ヶ月頃(後期の前半)

進め方

1日3食に

1日2食に慣れてきているようであれば1日3食にしていきましょう。

かむ練習を始める

舌で潰せない食べ物は舌で左右に寄せて歯ぐきで潰して食べるようになります。

バナナぐらいのかたさのものを一口サイズに分けて与えるとかむ練習になります。

野菜スティックを持たせてあげてもいいですよ。

鉄分を与えよう

この時期は鉄分が不足しがちなのでほうれん草や、レバー、鮭などの鉄分が多く含まれる食材を与えましょう。

卒乳・断乳も考えるべき

母乳やミルクばかり飲んで離乳食を食べたがらないようであれば、卒乳や断乳を考えたほうがいいかもしれません。

授乳では栄養が足りない上に離乳食が進んでいないと食べる練習が出来ていません。

3食しっかり食べているようであれば授乳を続けても問題ないですがそうでないなら思いきって卒乳・断乳しましょう。

卒乳・断乳については『母乳育児!ママが知りたい母乳の知識を全てまとめてみたよ♪』で紹介しています!

3食食べているはずなのに…

3回食になり食べている量が増えているはずなのにウンチの回数が減る場合があります。

これは赤ちゃんの消化吸収がよくなった証拠です。

1日1回出ているようであれば心配しなくて大丈夫ですよ。

 

また、食材によってはそのまま出てくることもありますが、元々赤ちゃんは大人ほど消化機能が発達していないので問題ありません。

特に海藻類は食物繊維が多く含まれていて大人でも消化しきれない場合があるほどです。

赤ちゃんの便秘についてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね!
赤ちゃんの便秘!原因や解消法についてママが知りたいこと全部まとめてみたよ♪

レシピ

★5倍がゆ

★バナナの蒸しパンの作り方

★チーズとコーンのポテトの作り方

★野菜と豚のにゅうめんの作り方

生後10ヶ月~生後11ヶ月頃(後期の後半)

進め方

生活リズムを整えよう

1日3食に慣れてきたら離乳食の感覚を徐々にあけるようにしましょう。

朝、昼、晩とママやパパが食べる時間に合わせて食べるようにすることで生活リズムが整っていきます。

ただし、3食目は赤ちゃんの胃腸に負担をかけないように夜7時頃には食べ終わるようにしましょう。

生活リズムについてはこちらのページで紹介しています!
赤ちゃんの夜泣き!ママは絶対に知っておきたい効果的な寝かしつけのコツ!

油とバターでバリュエーションが広がる

この頃から少量であれば油やバターも食べられるようになります。

そのため、「焼く」、「炒める」といった調理法ができるようになり離乳食のバリュエーションが広がります。

食べない

遊んでばかりでなかなか食べなかったり、好き嫌いが出てきます。

離乳食に飽きてきてなかなか食べないことはよくあることで、今日食べなくても別の日は食べたりと赤ちゃんの機嫌による部分もあります。

これは一時的なものなので元気で体重が増えているなら心配する必要はありません。

 

離乳食をスプーンで混ぜて遊ぶようであれば手づかみできるメニューを加えて食べる意欲を引き出しましょう。

また、遊んでいる赤ちゃんに離乳食を与えようとしてもなかなか食べてはくれないですよね。

 

食べる前はしっかりおもちゃなどは片付けて手を拭いたりスタイをつけて遊びと食事のメリハリを付けるようにしましょう。

レシピ

★かぼちゃと豆腐のおやきの作り方

★ほうれん草のスクランブルエッグの作り方

★じゃがいもとチーズのお焼きの作り方

離乳食完了期(パクパク期)

生後1歳~1歳半頃が目安です。

1日3食、歯ぐきでかめるかたさのものを与えます。

生後1歳~生後1歳3ヶ月頃(完了期の前半)

進め方

授乳の代わりに牛乳を

1歳を過ぎると栄養の中心は離乳食になります。食後の授乳は徐々に減らしていきましょう。

授乳の代わりに牛乳を1日に200ml程コップに入れて飲ませるようにします。

ただし、コップで飲むと大きく傾けないと中身が出てこないため、一気に出てきて怖いと感じる赤ちゃんもいます。

初めのうちはしょうゆ皿のような底が浅い器に入れて飲ませてあげて徐々に慣れていくようにしてあげましょう。

スプーンを持たせよう

大体の子は1歳~2歳の間にスプーンを使えるようになります。

うまく使えなくても食事の時はスプーンを持たせてあげましょう。

赤ちゃんが一口で食べられる大きさのものをスプーンに乗せて、ママやパパが赤ちゃんの手を誘導して口に入れるのを手伝ってあげるようにしていると次第にコツを掴みます。

好き嫌い

次第に自己主張をするようになり、嫌いな食べ物を食べさせようとすると首を振ったりして嫌がる子もいます。

ただ、気まぐれで嫌がっている場合も有りその食材が嫌いだとは限りません。

調理法や味付けを変える、大きさを変えるといったことで食べるようになる場合もあるのでその都度工夫をしてみましょう。

レシピ

★軟飯の作り方

★5色納豆ごはんの作り方

★鮭と小松菜のグラタンの作り方

★いちごミルクプリンの作り方

1歳3ヶ月~1歳6ヶ月頃(完了期の後半)

進め方

歯を使ってかむ練習をしよう

前歯が生えそろい奥歯も生えてきます。

前歯で一口量を調節して口にいれ奥歯でつぶすというように歯を使った食べ方ができるようになります。

しかし、まだ噛む力はあまり強くないのでかたすぎるものを与えるのはやめましょう。

色々な大きさ、形のものを与えてかむ練習ができるようにするといいですよ。

歯磨きも忘れずに

虫歯ができないように歯磨きの習慣をつけましょう。

食後にお茶を飲ませて口の中をきれいにするように心がけるといいですね。

レシピ

★ほうれん草のホットケーキの作り方

★ピザパンの作り方

まとめ

離乳食をあげる時も赤ちゃんの目を見て話しかけ、赤ちゃんが離乳食を食べることが楽しいと思えるようにしてあげるとスムーズに離乳食を食べてくれるようになりますよ♪

 

ママやパパが赤ちゃんの前で何か食べていると欲しがることもありますが、大人の食べ物は赤ちゃんには味が濃いです。

濃い味に慣れてしまうと離乳食では満足できないようになり食べなくなってしまいます。

外出時などもベビーフードを与えるようにし、大人の食べ物は与えないようにしましょう。

 

離乳食が終わると次は幼児食へと移っていきます。

これからもできるだけ食事の時間は家族で一緒に過ごすようにして、赤ちゃんが食事の時間は楽しいものだと感じるように心がけていきましょう。

 

このページで紹介したレシピ以外にも、こちらのページでおすすめのレシピを紹介しています!
クックパッドから厳選!おすすめの離乳食をまとめてみたよ♪

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ