離乳食中期の進め方【動画で分かりやすいレシピの紹介】

中期(モグモグ期)の離乳食の進め方やあげ方について紹介します。

レシピについては動画を参考にしてみてください。

7ヶ月頃(中期の前半)

あげ方

舌が前後だけでなく上下にも動かせるようになるので初期よりも水分が少ないものに挑戦できるようになります。

粗く潰したものや小さく刻んだものを食べることができ、鶏のささみや鮭などタンパク質が多く含まれている食べ物が増えます。

この時期は丸呑みせずにしっかりとモグモグ食べるようにさせましょう。

赤ちゃんの口にまだ入っているのに次を与えようとするとすぐに飲み込んでしまうので、赤ちゃんが飲み込んだのを見てから口元に持って行ってあげるといいですよ。

もしパサつく食材が食べにくいようであれば、片栗粉を少し加えてだしやスープを足すことでとろみをつけてあげると食べやすくなりますよ。

レシピ

7倍がゆの作り方

 

そうめんペーストの作り方

 

鶏ささみのすり身の作り方

 

鮭フレークの作り方

 

お野菜たっぷりうどんの作り方

 

バナナさつまいもヨーグルトの作り方

 

ベビー麻婆豆腐の作り方

 

3色納豆がゆの作り方

 

8ヶ月頃(中期の後半)

あげ方

この時期になると支えがなくても座れるようになる子も出てきます。

すると、両手が空き、スプーンや離乳食に手を伸ばすようになります。

これは、自分で食べたいと離乳食に興味を抱いている証拠です。

赤ちゃんが食べ物を手づかみしようとしたらついつい止めてしまいがちですが、できるだけ好きにさせてあげましょう。

ここで、怒ったりすると赤ちゃんの意欲を否定することになる上、食べることに対して楽しくないと感じてしまうため自分から食べなくなる子も出てきます。

冷たいや暖かかい、かたい、やわらいを手でつかんで感じることも脳の発達にはいいことですよ。

時にはこぼすこともありますが、赤ちゃんにとってはそれも学習なんです。

事前にスタイをつけたり赤ちゃんの周りにタオルを敷いておくなどしてこぼしてもいいようにしておきましょう。

離乳食の食べ方に限ったことではないですが危険のない範囲で好きにさせてあげることが赤ちゃんの発達には最も効果的です。

レシピ

ベビーフレンチトーストの作り方

 

小松菜ふりかけとチーズのおかゆの作り方

 

コーンスープパスタの作り方

 

トマトしらすリゾットの作り方

 

白身魚のあんかけの作り方

 

いちごミルクの作り方

 

まとめ

複数の食材を混ぜた離乳食が増えてきましたが、初めて食べさせる食材がある場合は事前にその食材は1さじであげて体に異常がないか確認しておいてくださいね。

 

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ