良いところで話を中断!ゼイガルニク効果で「また会いたい」と思わせるテクニック

 

 

気になる異性やまた食事に行きたいと思う友人に、「あなたにまた会いたい」と思わせるテクニックがあるのをご存知ですか?

 

また会いたいと思わせるためには、「ゼイガルニク効果」というテクニックを活用するのが最適です。

今回は、ゼイガルニク効果によって相手に「また会いたい」と思わせるコツをお話ししていきます。

 

 

ゼイガルニク効果とは

ゼイガルニク効果

 

 

ゼイガルニク効果は、これから盛り上がるところや話の良いところで、「あえて」中断するテクニックを使います。

このテクニックによって、続きを意識させて記憶に残し、「また会いたい」と思わせる効果があるのです。

 

話を切り上げるべきところで、「もうちょっと話したいのになぁ…」と、思わせるぐらいがちょうど良いのです。

そこでグダグダと話し込んでしまっては、ゼイガルニク効果を引き出せず、次につなげられる確率を下げてしまいかねません。

 

 

「また会いたい」はアニメやドラマにも!?

ゼイガルニク効果

 

 

ゼイガルニク効果は、実は皆さんの身近なところでも使われています。

それは、アニメやドラマ、漫画などです。

 

どれも時間やページ数が決まっていますよね。

その中で、良きところで「続きはまた来週!」と、なるわけです。

 

「また会いたい」ではありませんが、同様の効果を視聴者にもたらしているのですね。

 

 

ポイントは別れ際にあり!

ゼイガルニク効果

 

 

デートなどでは、別れ際を意識することで「また会いたい」というゼイガルニク効果を引き出しやすくなります。

 

楽しい話が落ち着いた途端に帰り支度を始めると、「もっと話したい」と、相手はなんだか物足りない感覚になります。

気持ちが高まったところで話を中断したり、帰宅を促されることで、その感覚が記憶に残りやすいのです。

 

そのため、ゼイガルニク効果は別れ際が大切なんですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ゼイガルニク効果は、意外にも日常的に感じている心理的テクニックでしたね。

 

これから盛り上がるという良きところで話を中断させるのは、相手に「また会いたい」と思わせるだけでなく、自分もウズウズしてしまうものかもしれません。

「次につながる」ということを頭において、くれぐれもズルズルと話を引き延ばすことのないようにしましょう。

 

ゼイガルニク効果を活用して、気になる異性との次のデートのチャンスをつかみましょう!

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ