【良い商品】さえ作れば売れるのか?

 

ビジネスを始めるにあたってまず「何を売ろうか」を考えることはよくあります。

 

ここで問題なのが「良い商品さえ作れば売れる」という考え方です。

 

 

「良い商品なら売れて当然だよ」という声が聞こえてきそうですが、今の日本では「良い商品」であることは当然なわけです。

 

 

 

 

 

 

「良い商品」が売れるというより、「質の低い商品は」売れないわけです。

 

「良い商品」でやっと売れる可能性があるということ。

 

 

売れる商品と売れない商品の違い

 

では、良い商品の中で売れるものと売れないものは何が違うんでしょうか。

 

 

 

「店の雰囲気が好き」というのはそれだけその店に対して想いがある、つまりファンだということですね。

 

今までに何度か訪れたことがあって、「なんだか落ち着くな。珈琲も美味しいし。このお店気に入ったな。」って少しずつ関係性が深まっていったわけです。

 

 

 

 

「商品の質は良くて当たり前」今の日本の人達はすごく目が肥えています。

 

普段から良い商品に囲まれているから。

 

 

良い商品を作ることも大事だけどそれにとらわれるぐらいなら、関係性を築くことに力を注いだほうがいいよね。

 

 

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ