イケてるタイトルも促し方がヘタだと読まれない!




前回こちら「あなたの記事タイトルを”読まずにはいられなくする”魔法の心理学!」のページで読んでもらえるタイトルの考え方を紹介しました。

 

他のページを見てもらいたい時に、

「最後まで見てくれてありがとうございます。このページも見てくださいね。」

こんな書き方していませんか?

これじゃ不充分です。

フリを用意する

人は完結すると今まで抱いていた興味が一旦リセットされます。

その状態で「これも見てね」じゃ興味を持ちにくいんです。

じゃあどうすればいいか。

 

それは、フリを用意してあげればいいんです。

 

ドラマは最終回以外は、毎回いいところで終わって予告が入りますよね。

これは興味が冷めないうちに、予告を入れることで想像させているんです。

予告って「え!?なに!?どうなったの!?」って思うような映像が流れます。

例えば、今見た回では「AちゃんとBくんが付き合い始めたのに予告では別れてる」みたいな。

 

この予告を見た人は、「やっと今回で付き合い始めたのにもう別れるの!?Cちゃんが邪魔するのかな?それとも…」ってどんどん想像が膨らんで次の回を見るのが楽しみになります。

 

 

次のページを見てもらいたい時もこれと同じことをすればいいんですよ。

そのページで伝えたいことを伝え終わったら、それに関係する情報の伝えたいことを完結に書きます。

その上で、「次のページにも役立つ情報がありそうだ!」っと感じさせればOKです。

 

前回と今回のページを読んだあなたはタイトルの考え方はバッチリです!

実は心理学を利用するとSEOにも非常に効果的なんですよ。

心理学では人の興味や満足感を操ることができるからです。

「このブログはおもしろい!」「このブログは役に立つ!」

そう思ってもらえれば自然とSEOに効いてきます。

このページ「心理学で他の記事へ促してSEOを攻略しよう!!!」は必見です。

 

 

PS.前回のページを読んでないあなたはこちらを読んでみてください。

他のサイトとは違う「心理学」を利用してタイトルを考えると効果的ですよ。

あなたの記事タイトルを”読まずにはいられなくする”魔法の心理学!

 

 

 

 



スポンサーリンク


HOME

PROFILE

オススメ

トップへ